子どもの指導法

【子どもの指導法】中学受験に向かない親の特徴5選!やってはいけない行動も3つ紹介

「中学受験に向かない親はどんな特徴があるの?」
「受験合格を目指すうえで子どもにしてはいけない行動は?」
「受験の合格率を上げるためにすべきことは?」

など中学受験での親について気になる人は多いでしょう。

結論、中学受験に向かない親の特徴は、子どもを強制してしまう人です。

ゆうた

特に中学受験が初めての親だと、焦りから子どもに勉強を強制してしまいがち

そこで本記事では、中学受験に取り組む姿勢を以下の内容をまじえて解説します。

  • 中学受験に向かない親の特徴
  • 子どもにしてはいけないNG行動
  • 中学受験を合格させるために大切なこと

子どもにしてはいけない行動も紹介するので、中学受験で悩んでいる親御さんは必見です。

執筆者情報

YouTubeでは、たった3ヶ月で国語の点数を17点もアップさせたことについて解説しているのでぜひご覧ください。

ゆうた

「子どもとの接し方がわからない「成績を上げる方法を知りたい」などと、悩んでいる親御さんは必見です!

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験に向かない親の特徴5選

中学受験に向かない親の特徴には、以下のことが挙げられます。

  • 学習を強制してしまう
  • 子どもの適性や興味を無視している
  • 一切子どものサポートをしない
  • 塾に行かせているから大丈夫と思っている
  • 周りの子と比べている

それぞれ順に解説していきます。

学習を強制してしまう

中学受験に向かない親の特徴として、学習を強制してしまうことが挙げられます。

学習を強制してしまうと、子どもが「これからやろうと思っていた」「なんで命令される必要があるのか」などの感情が芽生えるからです。

ゆうた

また、やる気が低下して勉強に取り組まなくなるので、成績も落ちる可能性が高くなります。

最悪の場合だと、反抗して非行に走ってしまうこともあるでしょう。

したがって、学習を強制する親は中学受験には向いていないと言えます。

子どもの適性や興味を無視している

また、子どもの適性や興味を無視して勉強に取り組ませる親も、中学受験には向いていません。

中学受験で一番大切なのは、子どものモチベーション管理だからです。

仮に計画通り気分の乗らない学習科目の勉強をさせても、成績は伸びにくい傾向があります。

ゆうた

最悪の場合だと、お子さんが中学受験を投げ出してしまうこともあるでしょう。

したがって、子どもの適性や興味を無視して、計画通りに勉強をさせる親は中学受験には向いていないと言えます。

とはいえ、子どもの中には中学受験ができないタイプの人もいるのも現実です。

関連記事「【受験のプロ直伝】中学受験ができない子はタイプでわかる!親ができる対策5つも紹介」では、受験に向いていないタイプを解説しています。

自分の子どもが受験に向いているか判断したい親御さんは必見です。

【受験のプロ直伝】中学受験ができない子はタイプでわかる!親ができる対策5つも紹介 「中学受験を成功させるために親ができる行動は?」「中学受験が上手くいく子の特徴には何があるの?」「中学受験が失敗する子のタイプを知りた...

一切子どものサポートをしない

一切子どものサポートをしない人も、中学受験に向いていない親の特徴として挙げられます。

特に子どもはモチベーションにすぐ左右される傾向があるので、いかに環境を整えられるかが大事です。

つまり、中学受験の合格率を上げるためには、親が協力して集中しやすい環境を提供してあげることが大切です。

ゆうた

また、人間は一人だと、毎日モチベーション高く行動し続けるのは難しいでしょう。

関与のしすぎもダメだが、一切子どものサポートをしない親は中学受験に向いていないと言えます。

塾に行かせているから大丈夫と思っている

塾に行かせているから大丈夫と思っている親も、中学受験に向いていない特徴として挙げられます。

【塾に行っている=中学受験に合格する】ではありません。

中学受験合格に一番大切なのは、お子さん自身がやる気を持って勉強に取り組んでいるかです。

ゆうた

また、塾に行かせていても、全く勉強せずに遊んでいるお子さんも中にはいます

したがって、塾に行かせているから大丈夫と思っている親御さんは危険と言えます。

また、中学受験の合格率を上げるには、塾の選び方も非常に大切です。

関連記事「【知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説」では、塾の選び方を解説しているので、受験の成功率を上げたい人は必見です。

【知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説 「子どもの塾選びで失敗したくない」「面倒見の良い塾に子供を通わせたい」「どんな塾が子どもに合っているのだろうか?」 とお考えの親...

周りの子と比べている

周りの子と比べてしまう親も、中学受験に向いていません。

お子さんが「こんなに頑張っているのに」「なんで自分のことは認めてくれないの」といった感情になってしまうからです。

結果、勉強に対するやる気を失い、成績も悪くなってしまいます。

ゆうた

また、周りの子だけでなく、兄弟とも比べてはいけません

受験を上手くいかせるためにも、周りの子とは比べないようにしましょう。

とはいえ「危機感がなく全く勉強してくれない」と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで公式LINEでは、500名以上の生徒を見てきた私と個別相談が可能です。

子どもがなかなか勉強に取り組んでくれないと悩んでいる親御さんは、ぜひ登録してください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験に向かない親がやりがち!子どもにしてはいけないNG行動3選

子どもにしてはいけないNG行動には、以下のことが挙げられます。

  • 進路を常に決めている
  • ゲームや漫画を没収する
  • プレッシャーをかけ続ける

子どもの教育法について知りたい人は必見です。

進路を常に決めている

子どもにしてはいけないNG行動として、進路を常に親が決めることが挙げられます。

全部親が決めてしまうと、勉強に対して真剣になりにくくなるからです。

結果、成績も伸びにくく、受験合格も難しくなります。

ゆうた

また、進路を指定してしまうと、最悪の場合だと「自分で決めていないから落ちても良い」と言われる可能性もあります。

受験は子ども自身が頑張ることなので、親が勝手に判断するのではなく、必ず自分で決めさせるようにしましょう。

ゲームや漫画を没収する

また、ゲームや漫画を無理やり没収してしまうのも、ついついやってしまいがちな行動です。

無理やり勉強に取り組ませると、反抗して勉強に取り組まなくなるリスクがあります

ゆうた

特に小学生は指摘されると、すぐにモチベーションを失ってしまう傾向があります。

したがって、勉強のためにゲームや漫画を没収するのはやめた方が良いでしょう。

とはいえ「どうやって勉強に取り組ませればいい」か悩んでいる親御さんもいるはず。

そこで関連記事「【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介」では、学習に対するモチベーションを上げる方法を紹介しています。

どうすれば、子どもの勉強に対してのやる気が上がるか知りたい人は必見です。

【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介 「小学生がなかなか勉強に取り組まない理由は?」「勉強しないとどんな末路が待っているの?」「子どもに進んで学習させる方法は?」 小...

プレッシャーをかけ続ける

子どもに対して、プレッシャーをかけるのも絶対にしてはいけない行動です。

過度なプレッシャーは「勉強を投げ出したい」「もうこれ以上できない」といった気持ちにさせてしまうリスクがあるからです。

ゆうた

特に小学生は、気持ちを上手くコントロールできません

したがって、子どもにプレッシャーをかけ過ぎるのは良くないと言えます。

とはいえ「どうしたら子どもが勉強に取り組んでくれるか」で悩んでいる人も多いでしょう。

そこで公式LINEでは、お子さんにあった勉強法や指導法を見つける有料級のプレゼントを配布しています

お子さんの指導法について知りたい人は、ぜひ登録してください。

中学受験に向かない親でもできる合格するために大切なこと

中学受験合格に大切なこととして、以下のことが挙げられます。

  • 志望校見学をする
  • 子どもを怒り過ぎない
  • 勉強環境を整える
  • 志望校選びを徹底する
  • 子どもの興味のある分野を取り組ませる

受験で合格に大切なことを知りたい人はぜひご覧ください。

志望校見学をする

中学受験で合格するために大切なこととして、志望校を見学することが挙げられます。

志望校見学をすることで「この学校で頑張りたい」と勉強に進んで取り組む効果が見込めるからです。

ゆうた

特に中学受験は、子どものやる気をいかに引き出すかが合格の鍵を握っています

したがって、中学受験の合格率を上げたいのであれば、志望校見学は必ずしましょう。

志望校見学の大切さは、関連動画「受験勉強に失敗する親がやっていないことTOP5|vol.009」を紹介しているので、どんなメリットがあるか知りたい人はぜひご覧ください。

子どもを怒り過ぎない

子どもを怒り過ぎないのも、受験を成功させるためには大切なことです。

子どもを怒って勉強に対するモチベーションを低下させてしまうと、成績が低下して受験の合格率低下の原因になるからです。

ゆうた

また、小学生の子どもは、怒られるとやる気が落ちやすい傾向があります。

指導方法を熟知していないと、子どもをついつい怒ってしまいがちなので、受験に合格させたいのであれば注意しましょう。

勉強環境を整える

また、勉強環境を整えることも、受験の合格率を上げる方法の1つです。

子どもの勉強環境を整えることで、学習に集中しやすくなり、成績アップが見込めるからです。

ゆうた

特に家にはゲームや漫画など誘惑があるものが多いので、勉強に集中しにくい傾向があります

中学受験において、子どもの環境を変えることは本質なので、合格したいのであれば勉強部屋の環境を整えるようにしましょう。

関連記事「【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介」では、お子さんの勉強環境を変えてやる気を引き出す方法を解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介 「小学生がなかなか勉強に取り組まない理由は?」「勉強しないとどんな末路が待っているの?」「子どもに進んで学習させる方法は?」 小...

志望校選びを徹底する

自分のレベルにあった志望校選びも、受験を成功させるためには大切なこととして挙げられます。

志望校のレベルが自分とあっていると、現実とのギャップを感じにくくなり、挫折によるモチベーション低下が起きにくくなるからです。

結果、親御さんがサポートしなくても勝手にモチベーション高く勉強に取り組むことができるのです。

ゆうた

また、仮にレベルが高すぎてやる気がなくなり、塾へ行かなくなると時間やお金を無駄にしてしまうデメリットがあります。

したがって、中学受験に合格したいなら、レベルのあった志望校選びをすることは非常に大切です。

子どもの興味のある分野を取り組ませる

子ども自身が興味のある分野に取り組ませてあげるのも、受験成功のコツの1つです。

興味のある分野に取り組ませてあげることで、勉強するモチベーションが上がり、成果が出やすくなるからです。

ゆうた

加えて、勉強が楽しくなれば、他の分野の学習をするきっかけにもなります

また、自分で取り組めば、親の負担軽減にもつながるでしょう。

そのため、子どもの興味のある分野から取り組ませるのは、非常におすすめの方法です。

中学受験に向かない親でも子どもを合格させられる

中学受験に向かない親は、子どもに強制的に勉強させようとしたり、全くサポートをしたりしない人です。

特に中学受験の合格には、親のサポートは必要不可欠なので、親御さんは子どものサポートをしてあげましょう

ゆうた

とはいえ「何をしても子どもが勉強してくれない」と悩んでいる親御さんも多いでしょう。

そこで公式LINEでは、500名以上の生徒を見てきた私と個別面談が可能です。

お子さんにあった指導法や勉強法を提案できるので「子どもの接し方がわからない」という人はLINE登録することをおすすめします。

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で有料級豪華特典「12個」プレゼント!

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で電子書籍4冊プレゼント!

【受験コーチゆうた】生徒の生の声をYouTubeにて公開中!