受験勉強

【成績アップの秘訣】中学受験の勉強はスケジュール管理が大切!5つのコツと注意点を紹介

「中学受験のための勉強スケジュールはどうやって立てればいいの?」
「勉強スケジュールを計画する時に親が気を付けてあげるべきポイントは?」
「中学受験をするのにスケジュール管理は必要なの?」

中学受験を成功させるには、お子さんの勉強スケジュールを親御さんがしっかり管理することが大切です。とはいえ、具体的にどのようなスケジュール管理を行えば良いのかわからない親御さんも多いのではないでしょうか?

スケジュール管理のポイントを押さえられていないと、勉強へのモチベーションが低下してしまう恐れがあります。

そこで本記事では、以下のポイントについて解説します。

  • 中学受験のための勉強は1日何時間必要なのか
  • 中学受験の勉強スケジュールを作成する時のコツ
  • スケジュールを立てる際に親が見てあげるべきポイント

「スケジュールの管理方法をマスターして中学受験を成功させたい」「子どものサポートを全力でしたい」と考えている親御さんは、ぜひ最後までご覧ください。

執筆者情報

私の公式LINEでは、受験でお子さんが合格を勝ち取るためのノウハウを無料で提供しています。

ゆうた

500人以上を指導してきた実績に基づく、有料級の情報を全て無料で紹介しています!

お子さんのスケジュール作成をサポートしたいとお悩みの方や中学受験が成功する方法を知りたいとお考えの方は、ぜひ無料でLINE登録してみてください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験はスケジュール管理が大切!勉強に必要な時間を解説

中学受験ではスケジュール管理が欠かせません。スケジュール管理をされていないと以下のような事例が起こり得るからです。

スケジュール管理をしないことで起こり得ること
  • 目標を設定しても期限内に終わらない
  • 宿題ばかりに目が行き勉強が疎かになる
  • 自分が成長しているかが把握できない

また、スケジュールの管理は勉強時間の確保にも非常に重要です。中学受験に必要な勉強時間は以下の通りです。

平日休日
小学6年生2~3時間6時間以上
小学4・5年生1~3時間2~3時間

小学6年生の平均勉強時間は週20時間が目安ですが、難関中学を目指す場合は、週21~35時間程度が必要です。

習い事や普段の学校生活を行いながらも、これだけ多くの学習時間を確保するためには、スケジュール管理を行い勉強環境を整えてあげることが欠かせません。とはいえ、お子さんにあったスケジュール管理の方法がわからない親御さんも多いでしょう。

ゆうた

そこで公式LINEでは、私がこれまで500名以上の受験に関わってきた経験やノウハウをもとにお子さんにあったスケジュール管理や勉強法を提案できます!

無料相談や限定セミナーも行っているので、ぜひ公式LINE登録して有益な情報を受け取ってみてください。

LINE登録で電子書籍4冊プレゼント

中学受験の勉強スケジュールを作成する際の5つのコツ

中学受験の勉強スケジュールを作成する際のコツは、以下の5つです。

  1. 計画は紙に書く
  2. スケジュール表に優先度が低い宿題は含めない
  3. 直近の目標と今週やるべきことを書く
  4. 「良い計画条件6選」を把握してスケジュールを記載する
  5. やるべきことは1日単位で管理する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.計画は紙に書く

中学受験の勉強スケジュールを作成する際には紙に記載しましょう。

ハーバード大学の研究によると目標を紙に書いていない人に比べて成果が10倍以上変わるといった結果が出ているからです。

他にもスケジュールを紙に書くことで、以下のメリットが挙げられます。

スケジュールを紙に書くことで得られるメリット
  • 勉強効率が良くなるから
  • 計画がないとサボりやすくなるから
  • スケジュール管理が中学受験の合否を分けるから
ゆうた

スケジュールを紙に書くことで、さまざまなメリットが得られます!

勉強内容がわからなくてもスケジュール管理のサポートは、親御さんが積極的に手伝ってあげるようにしましょう。

2.スケジュール表に優先度が低い宿題は含めない

スケジュール表に宿題を記載する方は多いですが、宿題の優先度は低いです。中学受験のスケジュールは宿題を行うために立てるのではなく、中学受験に合格するために計画するものです。

また、宿題をしても成績が上がる見込みが低い具体的な理由として以下のことが挙げられます。

宿題を行なっても成績が上がる見込みが低い理由
  • お子さんの難易度に合っていない
  • 宿題をこなすことが目的になっている

塾(とくに集団塾)では構造上、お子さんのレベルに合った宿題が出されることが少ない傾向にあります。

宿題に取り組むことを優先するのではなく、成績が上がりやすい勉強へ意識を向けることが非常に大切です。

3.直近の目標と今週やるべきことを書く

お子さんの勉強をスケジュール管理する際には、具体的な行動を明確化するために「直近の目標」と「今週やるべきこと」を記載しましょう。

ゆうた

目標では○○までに数学80点を取るといったように具体的な数字と日付を書くことが非常に大切です。

空き時間に行う予定を記載しているだけでは、有効なスケジューリング管理はできません。お子さんが受動的に行動するようになってしまうのです。

お子さんの理想の未来を実現するために、直近の目標と今週やるべきことをスケジュールに記載していきましょう。

4.「良い計画条件6選」を把握してスケジュールを記載する

スケジュールの書き方のコツとして、良い計画の条件を満たしていることが挙げられます。

良い計画の条件とは具体的に以下の6つです。

良い計画の条件6選
  1. 現実的であること
  2. お子さんの管理下であること
  3. プロセスを確認できるものであること
  4. すぐに取り組めること
  5. 合格するために効果のあること
  6. 点数ではなく具体的なプロセスに焦点を合わせること
ゆうた

合格するためには、具体的な行動まで落とし込めているかが非常に大切です!

そのため、中学受験に合格することを目的としたスケジュールを作成する際は、良い計画条件を満たしており、お子さんの理想の未来を達成できる行動管理を意識しましょう。

5.やるべきことは1日単位で管理する

スケジュールを計画するには、やるべきことを1日単位で管理することが大切です。どんなに良い計画を立てても、毎日実行できなければ意味はありません。

具体的には以下の手順を前日に行いましょう。

前日にやるべき行動
  • 明日やるべきことは何か
  • 優先順位をつける
  • タスクにかかる時間を算出する
  • 重要なタスクからスケジュールにいれていく

タスクが終わったら、好きなスタンプを押せるといった工夫を行い、モチベーションを上げるのも非常におすすめです。

やるべきことを1日単位で管理することで、スケージュール管理が円滑に進んでいきます。

ゆうた

とはいえ「スケジュール表の作り方がわからない」といった人も多いでしょう!

そこで公式ラインに登録後「計画」と打ち込んでいただければ、無料でわかりやすい計画表が作成できる「ウィークリーシート」が受け取れます。

具体的な書き方は、YouTube動画「【99%の親が知らない】中学受験のスケジュール管理ノウハウ20選【完全保存版】」でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

親が中学受験の勉強スケジュールを管理する際の注意点4つ

中学受験の勉強スケジュール管理で親が注意すべきポイントは、以下の4つです。

  1. 睡眠・休憩時間は十分に確保する
  2. 勉強スケジュールや進捗を家族で共有する
  3. 食事や起床時間をあらかじめ決めておく
  4. やる気のない状態で勉強させない

スケジュール管理で「少しでも子どもの役に立ちたいと考えている」親御さんは、ぜひ参考にしてください。

1.睡眠・休憩時間は十分に確保する

スケジュール管理をするうえで睡眠・休憩時間の確保は欠かせません。睡眠時間や休憩時間を削って勉強すると集中力の低下や体調を崩しやすくなるといったデメリットがあるからです。

加えて、イライラするなど精神状態にも影響を与えるため、親子関係が悪化しやすい傾向があります。

ゆうた

リフレッシュの時間が少ない人は集中力が低下して成績が伸びにくいため、中学受験に失敗してしまいます!

したがって、スケジュールを作成する際はお子さんの睡眠・休憩時間を考慮した計画を立てることは非常に大切です。

関連記事「【親御さん必見】中学受験に落ちる人の特徴10選!成功するための親のサポートを解説」では中学受験に落ちる人の特徴を解説しています。

中学受験を方法を知りたい人はぜひ合わせてお読みください。

【親御さん必見】中学受験に落ちる人の特徴10選!成功するための親のサポートを解説 「中学受験に落ちる人の特徴を知りたい」「どれくらいの人が落ちる?」「成功させるために親ができることはないの?」 中学受験は高校・...

2.勉強スケジュールや進捗を家族で共有する

勉強スケジュールや進捗を家族で共有することでお子さんがしっかり勉強に取り組んでいるかを確認できるため、成績が伸びやすくなります。

加えて、お子さんが躓いている分野が明確になるので、対策を立てやすい点も大きなメリットでしょう。

進捗報告のやり方としては、お子さんに今日やったことを数字と行動で振り返らせることです。

ゆうた

計算ドリル○○ページといったように1日のうちに行ったことを数字と行動で報告させることで、より客観的に成長を確認できます!

勉強スケジュールや進捗の報告はお子さん1人では、難しいので親御さんが上手くサポートしてあげましょう。

3.食事や起床時間をあらかじめ決めておく

勉強をするうえで規則正しい生活は必要不可欠です。

起床時間や食事などの時間をあらかじめ決めておくことで1日の計画を組みやすくなるだけでなく、体調も崩しにくくなるからです。

ゆうた

加えて、勉強を習慣化できるため、成績が上がりやすくなります!

夏休みや冬休みなど長期休みは生活習慣が乱れやすいので、親御さんが上手くサポートしてあげることが大切です。

とはいえ、お子さんに望んだ行動を行わせることに悩んでいる親御さんも多いでしょう。

関連記事「【子どものやる気を引き出す技術】ゲームの情熱を勉強に向ける方法」では、子どものやる気を引き出す方法を紹介しています。

子どものやる気の引き出し方がわからず悩んでいる人は、ぜひ本記事と合わせてご覧ください。

【子どものやる気を引き出す技術】ゲームの情熱を勉強に向ける方法心理学やコーチング含め科学的にも証明されている「子どものやる気を引き出す方法」について解説します。小学5年〜中学3年生のお子さんをお持ちで、ゲーム好き勉強嫌いで毎日ケンカして困っているお母様向けのサイトです。子供が夢や目標に向かう方法、やる気スイッチ、やる気にさせる魔法の言葉、やる気を育てるには、自信や自己肯定感も。...

4.やる気のない状態で勉強させない

お子さんがやる気のない状態でスケジュール管理に取り組んでも中身のない計画になりやすいため、結果は出ません。

また、お子さんへ「勉強しなさい」「勉強するまでゲームは没収」など強制的にやる気を出させる行動は、勉強をしなくなるリスクがあるため、絶対に辞めましょう。

お子さんにやる気を出してもらうためには、子どもの5つの欲求に基づいた行動を促すことが大切です。

子どもの欲求とは以下の5つのことです。

子どもの欲求
  • 生存の欲求
  • 愛・所属の欲求
  • 力の欲求
  • 自由の欲求
  • 楽しみの欲求

たとえば、学校へ行くことが楽しいと感じる子は愛・所属の欲求が強い傾向があります。したがって、集団塾など友達と一緒に勉強させる環境を用意することがおすすめです。

YouTube動画「【有料級】子どもが勝手に勉強やる気になる方法【中学受験でのNG行動】」ではお子さんをやる気にさせる方法を解説しています。「子どもに勉強を進んで取り組んむようになってほしい欲しい」と悩んでいる人は必見です。

とはいえ、それぞれのお子さんに対して、何をやったらやる気を出させるのか、方法がわからない親御さんもいるでしょう。

そこで公式LINEに登録すれば、無料相談や限定セミナーにて受験のプロの目線からお子さんの状況にあった適切なアドバイスを提供できます。

ゆうた

私は、これまで500名以上の受験に関わってきました。

これまでの経験やノウハウをもとにアドバイスできるので中学受験で悩んでいる人は公式LINE登録してみてください。

LINE登録で電子書籍4冊プレゼント

中学受験の勉強スケジュールの管理を行い受験を成功させよう

中学受験の勉強スケジュールを決める際には、合格するために優先度が高いものから記載していくことが大切です。

加えて、記載する際には数字と行動ベースで記載して振り返りしやすいように管理する工夫が欠かせません

ゆうた

とはいえ、やる気がない状態でスケジュールを立てても意味がないため、モチベーションを上げられるようにサポートすることが大切です!

公式LINEでは、子どもへの適切な対応がわからない人に向けて500名以上の受験に関わり数々の実績を上げている私と個別の面談が可能です。

他にも公式LINEでは、これまでに培ってきた受験ノウハウを全て無料で公開しているだけでなく有料級の豪華特典を12個プレゼントしています。

お子さんの状況に合わせた塾選びや指導法を見つけるきっかけになるだけでなく、合格すために大切な行動も理解できるでしょう。

中学受験で悩んでいる方は、ぜひ公式LINEを登録してみてください。

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で有料級豪華特典「12個」プレゼント!

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で電子書籍4冊プレゼント!

【受験コーチゆうた】生徒の生の声をYouTubeにて公開中!