MENU
子どもの指導法

【後悔しない】中学受験を5年で辞める人が多い理由7選!辞めるべきか見極めるポイントも紹介

「中学受験を5年生で辞める人が多い理由を知りたい」
「辞めるか見極められるポイントは?」

「辞めずに受験を成功させる秘訣を教えて欲しい」

小学5年生になる際に中学受験を辞める人が多いと聞いて不安になっている親御さんも多いのではないでしょうか?実際にお子さんの中学受験のモチベーションが下がっていると感じている方も多いでしょう。

小学5年生になると受験に向けて学習量が増える、優秀な生徒が塾に通い出すなどさまざまな理由で中学受験を辞めるかどうか検討する人が増えてきます。

ゆうた

受験を成功させるためには、中学受験を辞める人の理由を把握し対策を立てておくことが非常に重要です!

そこで本記事では、以下のポイントについて解説します。

  • 中学受験を小学5年生で辞める人が多い理由
  • 中学受験を辞めるべきか見極めるポイント
  • 中学受験を成功させる秘訣

最後まで読むと、お子さんが中学受験を継続すべきか見極めるポイントや受験を成功させる秘訣がわかります。

「中学受験を辞めるべきか見極めたい」「子どもの中学受験を成功させたい」と考えている親御さんはぜひ最後までご覧ください。

執筆者情報

なお、お子さんの受験を成功させたいとお考えの方向けに、公式LINEでは受験攻略メソッドをまとめたプレゼントを無料配布しています。

ゆうた

500名以上の受験生の指導経験で得たノウハウを詰め込んでいます!お子さんの受験を成功させるためのポイントが把握できますよ!

公式LINE内では、私個人に質問できる限定セミナーや個別相談を開催しているので、お子さんに合った勉強法・指導法を提案可能です。

ぜひこの機会に無料でLINE登録してお子さんの受験に役立つ情報を入手してみてください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験を5年で辞める人が多い理由7つ

中学受験を小学5年生で辞める人が多い理由には、以下の理由があります。

  1. 学習量が増え勉強の難易度が上昇するから
  2. 親の経済的・精神的負担が増えるから
  3. 優秀な生徒が塾に通い出し競争が激しくなるから
  4. 趣味や遊びを取り上げられることでモチベーションが低下するから
  5. 友達と同じ中学への入学を志望するから
  6. スポーツや習い事を選択する人が増えるから
  7. 成績がなかなか伸びないから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

学習量が増え勉強の難易度が上昇するから

中学受験を小学5年生で辞める人が多い理由として、受験に向けて学習量が増えることが挙げられます。

学習量が増えると勉強にもついていけなくなり、成績が落ちていくため、子どもの勉強に対するモチベーションも低下していきます。

勉強についていけなくなる原因をまとめると以下の通りです。

勉強についていけなくなる原因
  • 復習がしっかりできておらず基礎が固まっていない
  • わかったつもりになっている
  • 応用問題が増え勉強の難易度が上昇する

5年生になると応用的な問題を取り扱う機会が増えます。そのため、基礎が固まっていないと授業についていけなくなるのです。

ゆうた

授業スピードが上がることで、表面的な理解しかできないまま「わかったつもり」状態のお子さんが増えます。

親の経済的・精神的負担が増えるから

中学受験を小学5年生になると辞める人が多い理由として、子どもだけでなく、親への経済や精神的な面で負担が増えてしまったことが挙げられます。

具体的な事例は、以下の表の通りです。

中学受験で親へのかかる負担具体的な事例
経済的負担・通塾費用
・外食費用(夜遅いため外食になりやすい)
・教材購入費
精神的負担・成績の伸び悩みにストレスを感じる
・勉強を強制することで親子関係が悪化する
・親のエゴで高いレベルの学歴を求めてしまうことに悩む

中学受験は子どもだけでなく、親子で取り組むものです。

ゆうた

小学5年生になると受験が近づくため「子どもの成績が思うように伸びない」ことに今まで以上に危機感を抱きやすい傾向があります!

加えて、塾へ通わせるための費用も増えるので、親が疲れてしまい中学受験を辞めてしまう人が多いのです。

優秀な生徒が塾に通い出し競争が激しくなるから

小学5年生はクラスメイトや友達など周囲の人々と差を感じることが多くなるだけでなく、受験に危機感を感じていなかった優秀な人が塾に通い出します。

ゆうた

後から入塾した人より成績が悪いと劣等感を感じ、勉強に対するモチベーションの低下が起こりやすいです!

中学受験は競争が厳しい世界なので、常に優秀な生徒と成績で争う必要があります。

周りの熱量と自分の成績が伸びないことに嫌気がさして、小学5年生で中学受験を断念してしまう結果になってしまいます。

趣味や遊びを取り上げられることでモチベーションが低下するから

中学受験を小学5年生で辞めてしまう人が多い理由として、趣味や遊びを取り上げられることで勉強に対するモチベーションが低下するからです。

小学5年生は「自分のやりたいことを優先したい」「○○になりたい」といった自我が芽生える傾向があり趣味に没頭しやすい時期です。

しかし、親からすると「塾代を支払っている」「塾の送り迎えしている」などの理由から勉強に集中して欲しいため、趣味を取り上げてしまう行動を取ってしまいます。

結果、中学受験のモチベーションが低下するだけでなく、親子関係の悪化につながるのです。

ゆうた

お子さんの趣味や興味のあることを取り上げるのは、逆効果であり、親がやってはいけないNG行動の一つです!

関連動画「【有料級】子どもが勝手に勉強やる気になる方法【中学受験でのNG行動】」では、お子さんのやる気を向上させる方法を解説しています。お子さんのやる気を引き出したい親御さんは、ぜひ参考にしてみてください。

友達と同じ中学への入学を志望するから

友達と同じ学校に行きたい気持ちによって、子どもの勉強に対するモチベーション維持が難しい場合があります。

ゆうた

他の友達が中学受験を目指していないと、自分だけ勉強を頑張っていることに対して恥ずかしさや反発心を抱くこともあります!

志望校への熱量が高くない状況に陥り、成績も低下してしまいます。そのような状況下では「続けても意味がないのでは?」と疑問を抱く親御さんが多くいるのです。

スポーツや習い事を選択する人が増えるから

中学受験を小学5年生で辞める理由として、スポーツや習い事へ集中する親御さんやお子さんが増えることが挙げられます。

小学5年生ぐらいの年齢になると、お子さん自身のやりたいことが明確になり、貴重な時間を勉強ではなく「熱中できることに費やしてあげたい」と考える親御さんが多くいます。

ゆうた

小学5年生は中学受験に向けて学習量が増加するため、スポーツや習い事と勉強の両立が難しい傾向があります!

とはいえ、スポーツや習い事と勉強を両立して中学受験を成功させている子がいるのも事実です。両立できている子は、個別塾に転塾したりオンライン塾を活用したりと自分のスケジュールに合わせた勉強を行っています。

関連記事「【疑問を解決】中学受験は個別指導だけで合格できる!塾選びの3つのポイントも解説」では、個別指導塾だけで本当に合格できるのかを解説しています。個別指導塾を活用して、効率良く成績アップを狙う方法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【疑問を解決】中学受験は個別指導だけで合格できる!塾選びの3つのポイントも解説 「中学受験は個別指導だけで大丈夫?」「うちの子は、集団塾と個別指導塾のどちらがあっているのだろう?」「さまざまな個別指導塾があってどの...

成績がなかなか伸びないから

小学5年生になると自分の成績がなかなか伸びないのに、他の人が上手くいっている現実を目の当たりにすることは珍しくありません。劣等感を感じて挫折するお子さんも多くいます。

成績が伸びない要因は、自分にあった勉強法を見つけられていない、子どもがやる気になっていないなどさまざまです。

ゆうた

お子さんの状況にあった対策をとらないと、受験へのモチベーションがどんどん低下するため注意が必要です!

関連記事「【親御さん必見】中学受験に落ちる人の特徴10選!成功するための親のサポートを解説」では、成績アップが見込めず中学受験に落ちるお子さんの特徴を10つピックアップしています。

親御さんができる対処法も紹介していますので、ぜひお子さんに合った対策を探す際の参考にしてみてください。

【親御さん必見】中学受験に落ちる人の特徴10選!成功するための親のサポートを解説 「中学受験に落ちる人の特徴を知りたい」「どれくらいの人が落ちる?」「成功させるために親ができることはないの?」 中学受験は高校・...

また、小学5年生で成績が伸びないから中学受験を諦めるのは早すぎます。お子さんにあった勉強法や指導法を見つけることで、成績は格段に上がる可能性を秘めているのです。

ゆうた

実際、私の教えた生徒さんの中にも自分にあった勉強法を見つけ、成績を大幅にアップした生徒さんがいます!

お子さんにあった勉強法を見つけることが、中学受験を成功に導く1つの鍵です。公式LINEでは、お子さんにあった勉強法を見つけるための有料級プレゼント12個を全て無料で配布しています。

個別相談では、お子さんにあった勉強法や志望校選びについてもアドバイスしているので、ぜひ登録してください。

中学受験を5年生で辞めるべきか見極めるポイント3つ

中学受験を5年生で辞めるべきか見極めるポイントとして、以下の3つが挙げられます。

  1. 子どもの勉強に対するやる気があるか
  2. 合格を狙える志望校のレベルが極端に低くないか
  3. 子どもをやる気にさせる技術が親にあるか

それぞれ順に詳しく見ていきましょう。

子どもの勉強に対するやる気があるか

中学受験を辞めるべきかの見極めるポイントとして「そもそも子どもが勉強に対してやる気があるか」を見てみましょう。

具体的には、以下の行動を取っているかでやる気があるかを判断できます。

勉強に対するやる気がない場合の判断基準
  • 宿題を自分からやらない
  • 自主的な勉強を行わない
  • 模試の結果に対して悔しがっていない
  • 志望校に行きたい気持ちを聞いても明確なやる気が感じられない
  • 成績を上げたいか聞いても、明確な答えが出ない

勉強をするのは親ではなく、お子さん自身です。お子さんのやる気がない場合には、結果もついてきません。

子どもにやる気がない場合は中学受験を辞める、もしくは志望校見学などモチベーションを上げる対策をとり、子どもが自主的に勉強に取り組む環境・仕組みを作りましょう。

関連記事「中学受験をやめる・諦めるときの3つの決断ポイント【納得して先に進む方法】」では、お子さんのやる気を見極めるためのポイントをより具体的に解説しています。

ぜひ参考にしてみて、中学受験を辞めるかどうかの判断材料にしてみてください。

中学受験をやめる・諦めるときの3つの決断ポイント【納得して先に進む方法】500名以上の生徒を見てきた経験者が解説。中学受験(小学生5.6年生)をやめたい諦めたいと考えている親御さんへ、この先の人生で後悔しない決断の仕方と判断の方法、子どもが辞めたいと言い出した時の対処法、諦めるタイミングを説明しました。これまで乗ってきた相談から、やめるか辞めないかの決断のポイントを3つに絞って紹介。...

合格を狙える志望校のレベルが極端に低くないか

合格を狙える志望校のレベルが極端に低いと中学受験を行うメリットが少ない場合があります。

中学受験を行う大きなメリットとして「教育内容や環境が充実している中学へ入学できること」が挙げられます。しかし、志望校自体のレベルが低いと入学しても充実した教育環境に身を置けない可能性があるからです。

加えて中学受験は子どもだけでなく、親のサポートも必須。

お金や労力の面を考えると合格を狙える志望校の教育・環境レベルが低い場合には、中学受験を行う意義は少ないと言えるでしょう。

とはいえ、中学受験に挑戦することにより勉強習慣が身に付くのも事実としてあり、今後伸びる可能性が0とは言い切れません。

ゆうた

私は偏差値40の生徒を3ヶ月で偏差値60以上までに、成績を伸ばした経験があります!

5年生の段階で狙える志望校のレベルが低いからといって、中学受験を諦めるのは少々早すぎる可能性があります。正しい勉強法が身についていないだけかもしれません。

公式LINEでは、登録していただいた方に向けて、中学受験に対して正しい勉強法を学べる有料級の特典を12個プレゼントしています。

個別相談や無料セミナーでは私個人への質問も可能なので、成績不振で中学受験を辞めるか迷った際の判断材料にしてみてください。

\ LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

子どもをやる気にさせる技術が親にあるか

中学受験は子ども自身が勉強を頑張るだけでなく、親が子どもをやる気にさせてあげたり、モチベーションの維持ができる環境を作れるかが非常に大切です

具体例として、以下の例が挙げられます。

お子さんの勉強のやる気を向上・維持するための対策例
  • 漫画を勉強部屋におかない
  • 勉強する時間になったらテレビの電源を消す
  • ゲームの使用時間を子どもと相談のうえ決める
  • お子さんの性格にあった接し方を行う

特に子どもへの接し方は非常に重要です。

「勉強をしなさい」「課題はしたの?」というような問いかけでプレッシャーをかけ続けると、やる気にさせるどころか、モチベーション低下につながる可能性があるため注意しましょう。

受験を成功させるためには、お子さんのやる気を引き出す対策が必要です。

ゆうた

とはいえ、お子さんにあった具体的な対策が分からないと悩んでいる人も多いでしょう。

関連動画「【有料級】子どもが勝手に勉強やる気になる方法【中学受験でのNG行動】」では、お子さんが勉強をやる気になる具体的な方法の見つけ方やNG行動を詳細に解説しています。

ぜひ参考にお子さんにあった指導法を見つけてみてください。

【後悔を回避】中学受験を5年生で辞める際の注意点3つ

中学受験を5年生で辞める際の注意点として、以下の3つが挙げられます。

  1. 中学受験を辞める際には子どもと相談する
  2. 子どもや自分を責めずに努力を認める
  3. 中学受験を継続するメリットも把握したうえで検討する

中学受験を辞めようとしている人や後悔するのを避けたい人は必見です。

中学受験を辞める際には子どもと相談する

中学受験を辞めることを決める時には、親だけでなくお子さんとの相談が必要不可欠です。

親単独で決めてしまうと、お子さんの挑戦したかった気持ちや中学受験に対する目標を踏みにじってしまうため、後々、お子さん自身が後悔する結果につながる可能性があります。

ゆうた

お子さんが「自分の将来を邪魔をされた」と捉えてしまうと、親へ反抗心を抱いてしまい親子関係が悪化することにもつながります!

お子さんに後悔させないため、親子関係を良好に保つためにも、子どもと相談して納得したうえで受験を辞めるかどうかを検討しましょう。

子どもや自分を責めずに努力を認める

中学受験を辞める際には、お子さんや自分を責めないようにしましょう。

子どもや自分を責めると親子関係の悪化の原因になるだけでなく、親御さん自身の精神的な負担になってしまいます。精神的な負担が大きくなると、パートナーとの喧嘩に発展するなど家庭環境も悪化しかねません。

ゆうた

中学受験を辞める決断は悪いことではありません!

子どもや自分を責めずに中学受験に挑戦した勇気や努力した過程を認めることは非常に大切です。

中学受験を継続するメリットも把握したうえで検討する

中学受験を辞める際には、必ず継続するメリットを把握したうえでの決断が必要です。中学受験を継続することで得られるメリットをわかっていないと将来的に後悔してしまう可能性が高いからです。

中学受験を継続すると得られるメリットとして以下のことが挙げられます。

中学受験を継続すると得られるメリット
  • 優れた学習環境でレベルの高い教育を受けられる
  • 受験勉強により勉強習慣が身に付く
  • 高校進学の選択肢が広がる
  • 努力してきた人と出会えるため将来的に見てプラスになる可能性がある
  • 受験勉強で培われた勉強習慣が高校受験や大学受験に役立つ

中学受験を辞めて後悔しないためにも、継続することで、得られるメリットは必ず把握しておくことをおすすめします。

また、中学受験で間違った選択をしない進まないために、受験のプロや専門家に相談をすることも大切です。

ゆうた

私はこれまで500名以上の受験に関わってきました!

公式LINEでは、これまでの経験やノウハウをもとにお子さんの状況にあったアドバイスを提案しています

私個人に相談して受験の方針を決めたい方は登録後の無料相談や限定セミナーにぜひ参加してみてください。

5年生で辞める人が多い中学受験を成功させる秘訣3選

子どもの「モチベーションが低下している」「なかなか勉強してくれない」などと悩んでいる親御さんは多いでしょう。

中学受験を成功させる秘訣として、以下の3つが挙げられます。

  1. 志望校見学を行う
  2. 予習ではなく復習を重視するよう提案する
  3. 子どもが自主的に勉強する仕組みを作る

中学受験を辞めずに継続することを決めて、再度がんばりたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

1.志望校見学を行う

志望校見学は勉強に対するモチベーションが低下しているお子さんに非常におすすめの対処方法です。

志望校を見学することで、自分が合格した際のイメージが湧きやすいだけでなく「絶対に行きたい」「ここで○○をしたい」といったモチベーションが向上するメリットがあります。

ゆうた

実際に、私の生徒さんの中でも志望校見学をすることで、モチベーションが向上し結果を出したお子さんが多数います!

志望校見学を行い目標を明確化させると、子どもが自主的に勉強に取り組むようになります。中学受験を成功させたいと考えている親御さんは、志望校見学を行うよう意識してください。

2.予習ではなく復習を重視するよう提案する

成績が伸び悩んでいる場合は、予習ではなく復習に重点をおいて勉強しましょう。

前の分野の基礎が分からない状態であれば、応用問題を解くことはできません。知識を定着させるためにも、復習を行うことは非常に重要です。

ゆうた

基礎がわからないままに、学習を進めようとするのは成績が伸びない子の共通点の1つです!

関連動画「【閲覧注意】中学受験で塾に通っても伸びない子の共通点3選」では、成績が伸びない子の共通点をさらに詳しく解説しています。

お子さんが当てはまる場合には、中学受験に失敗してしまう可能性があるので、確認して対策を立てておきましょう。

3.子どもが自主的に勉強する仕組みを作る

中学受験を成功させるにはお子さんが自主的に勉強する環境を作ることが必要不可欠です。

たとえば、ゲームや遊びができる時間を話し合って調節する、勉強部屋に漫画・スマホを置かないことなどの仕組み・環境を作ることが挙げられます。

中学受験を成功させる本質は、勉強方法や塾に行かせるなどではなく、周りの環境を変えて子どもをやる気にさせることです。

とはいえ、お子さんにあった指導法を見極めたり、勉強方法を見つけたりすることは困難でしょう。

ゆうた

子どもが、自主的に勉強してくれなくて困っている親御さんも多いはず!

公式LINE内の個別相談では、心理学に基づいた指導により、お子さんにあった勉強方法や指導法を提案できます。

自主的に勉強する仕組みを構築するお手伝いができますので、ぜひ登録してみてください。

LINE登録で電子書籍4冊プレゼント

中学受験を5年生で辞める人は多いが諦めるのはまだ早い

中学受験を小学5年生で辞めてしまう人の理由は、お子さんによってさまざまです。

中学受験は親御さんのサポートが欠かせません。お子さんへの適切な対処方法を熟知しておく必要があります。

ゆうた

お子さんにあった対策や環境を整えてあげましょう!

公式LINEでは、子どもの関わり方や声のかけ方が分からない人に向けて500名以上の受験に関わり数々の実績を上げている私と個別の面談が可能です。

他にも公式LINEでは、これまでに培ってきた受験ノウハウを全て無料で公開しています。

お子さんの状況に合わせた塾選びや勉強・指導法を見つけるきっかけにもなるでしょう。中学受験で悩んでいる方は、ぜひこの機会に公式LINEを登録してみてください。