受験情報

【成功への第一歩】中学受験はいつから準備する?対策を始める時期について詳しく解説

「中学受験はいつから準備すればいいの?」
「受験まで時間がないけど、まだ間に合うかな…」
「効率的に学習を進める方法が知りたい」

中学受験にいつから準備するか悩む親御さんは多いのではないでしょうか。どのように計画を立てればいいのか分からず、不安を感じる方もいるでしょう。

ゆうた

大切なのは、お子さんの個性や学力に合わせて、最適なタイミングと方法で取り組むことです。

そこで本記事では、中学受験の準備を始める時期や勉強法について、詳しく解説します。

焦らずに中学受験に向けて準備を進め、お子さんと一緒に合格への道を歩んでいきましょう。

執筆者情報

YouTubeでは、たった3ヶ月で偏差値を12も伸ばした生徒さんとの対談動画を紹介しています。どのお子さんも短い期間で劇的に成績を伸ばし合格を掴み取っていますので、ぜひ視聴してみてください。

なお、私の公式LINEでは、効率よく成績を伸ばすためのノウハウも発信しています。無料で配布しているため、成績が伸び悩んでいるという人は、ぜひ以下のリンクから友達登録してみてください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験はいつから準備するべき?時期ごとに対策を解説

中学受験にいつから準備するべきか、以下の3パターンで解説します。

  1. 小学3年生の2月から小学校4年生の4月
  2. 小学5年生
  3. 小学6年生

中学受験をいつから準備を始めるか迷っていると、対応が大幅に遅れる可能性もあります。

いつから準備するか判断するため、時期ごとの対応を把握しておきましょう。

最適な時期は小学3年生の2月から小学校4年生の4月

一般的に中学受験の準備を始める最適な時期は、小学3年生の2月から小学4年生の4月頃と言われます。

基礎学力の習得から受験対策まで十分に対策するには、膨大な時間が必要です。

余裕を持って対応するために、約3年ほど時間がかかると想定して動いた方がよいでしょう。

ゆうた

1年の間に伸ばせる偏差値は5~8程度になるため、偏差値の高い学校ほど時間がかかります。

中学受験にかける日数が少なくなるほど、親子の負担は大きくなります。

中学受験に余裕持ってチャレンジするためには、小学3年生の2月から小学校4年生の4月には始めたほうがよいでしょう。

関連記事「【高学年の子は必見】中学受験は4年生で決まる?合格するためにすべき行動も3つ紹介」では、中学受験が小学4年生で決まると言われる理由について詳しく解説しています。早い段階で中学受験の準備した方がよい理由がわかるため、ぜひ参考にしてください。

4年生で決まる
【高学年の子は必見】中学受験は4年生で決まる?合格するためにすべき行動も3つ紹介 「中学受験が4年生で決まる理由?」「受験を成功させるためにすべき行動は?」「高学年になると悩むこととは?」 中学受験を目指してい...

小学5年生は準備次第でまだ間に合う

小学5年生から中学受験の準備を始めても、まだ間に合う可能性は十分にあります

ひまわり教育研究センターが実施したアンケート調査によると、小学5年生から受験を始める子も一定数いることが調査結果からわかります。

ゆうた

ライバルも同じ時期に中学受験を始めているため、追いつける可能性は十分にあります。

ただし、中学受験までの時間が限られているため、効率的な学習計画を立てることが重要です。

自分のレベルに合った塾や志望校を選び、基礎を徹底すると合格できる確率を上げられるでしょう。

関連記事「【受験合格ノウハウ】中学受験は5年生からでも間に合う?受験への取り組み方も紹介」では、小学5年生から中学受験に取り組むための方法について解説しています。効率よく受験勉強するための方法を紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

【受験合格ノウハウ】中学受験は5年生からでも間に合う?受験への取り組み方も紹介 「5年生から塾に通っても中学受験に合格できるの?」「小学5年生からでも間に合う勉強ノウハウはあるの?」「中学受験へ取り組むときの注意点...

小学6年生だと戦略的な対策が必要

小学6年生になってから中学受験の準備を始めるのは、ハードルが高いと言えます。

ほかの子よりも対策が遅れている状態であるため、戦略的に受験対策を進めなければいけません。

戦略的に中学受験を進める方法
  • 受験科目を絞る
  • 過去問対策から行う
  • 個別指導塾を利用して子どものレベルに合わせた勉強を行う

受験科目を絞って過去問対策から重点的に行うことで、限られた時間を有効に使えます。

ゆうた

効率重視で徹底した志望校対策を行うと、少ない時間で合格を目指せます。

関連記事「【工夫が必要】中学受験は6年生からでも間に合う!合格を勝ち取る5つの戦略や親がすべきことを解説」では、小学6年生から中学受験を目指す親子に向けて、合格するための方法を解説しています。焦らず冷静に中学受験に向けた対策ができるようになるため、ぜひ参考にしてください。

【工夫が必要】中学受験は6年生からでも間に合う!合格を勝ち取る5つの戦略や親がすべきことを解説 「中学受験は6年生からでも間に合うの?」「6年生でも中学受験に成功するための秘訣を知りたい!」「志望校に合格するためには、親は何をした...

準備の前に中学受験に向いているか確認しよう

本格的な準備を始める前に、お子さんの気持ちが中学受験に向いているか3つのパターンから確認しておきましょう。

  • 勉強に対してモチベーションがあるか
  • 先生や親のアドバイスを素直に聞けるか
  • 諦め癖がないか

準備を始めても、お子さんが中学受験に向いていなければ合格はできません。

中学受験するか判断するためにも、お子さんの気持ちを確認しておきましょう。

勉強に対してモチベーションがあるか

中学受験に向いているかを判断する上で、勉強に対するモチベーションは重要な要素です。

受験勉強は長期戦になるため、自主的に勉強に取り組む姿勢がないと続けるのは難しくなるでしょう。

ゆうた

成績を上げるために行動を起こすためには、勉強したいというモチベーションが必要です。

一方で、モチベーションが低い場合、学習の質が落ちやすくなります。

宿題や課題をしない、塾に行かないなど、学習意欲がないと成績向上は見込めないでしょう。

中学受験を始める前に、子どもが勉強を楽しいと感じられるかどうか、目標に向かってコツコツと努力できるかどうか見極めが必要です。

先生や親のアドバイスを素直に聞けるか

中学受験では、お子さんが先生や親からのアドバイスを素直に聞ける状態であることも重要です。

中学受験に詳しい先生からアドバイスを素直に受けられると、効率よく成績アップを目指せます。

ゆうた

ノウハウを持っている人のアドバイスを素直に実行できれば、合格できる可能性を上げられます。

一方で、アドバイスを素直に聞けないお子さんの場合は、受験対策しにくくなります。

効率のよい対策を伝えても聞かなくなるため、受験にも失敗しやすくなるでしょう。

諦め癖がないか

すぐに諦めず目標に向けて頑張れるお子さんは、中学受験に向いています。

中学受験の勉強は長期に渡り勉強に取り組み続ける必要があるため、すぐに諦めない気持ちが大切です。

勉強を続けたとしてもすぐに成果が出ない可能性もあるため、成績が上がらないからとすぐに諦めると中学受験の合格につながりません。

ゆうた

諦めずに勉強を続けることが、中学受験合格につながります。

諦め癖の有無は中学受験の向き・不向きに大きく関わるため、克服できるかも考慮して準備する必要があります。

中学受験の準備で塾を選ぶ際のポイント3つ

中学受験の準備で塾を選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

  • 指導形態の違い
  • 担当する講師の質
  • 面倒見のよい塾を選ぶ

お子さんに合う塾を選べれば、大幅な成績アップが見込めます。

塾の選び方を把握して、お子さんの成績を伸ばしていきましょう。

指導形態の違い

中学受験の準備で塾を選ぶとき、主に集団指導と個別指導の2つがあります。

項目集団塾個別指導塾
授業形式講師1人に対して生徒は10~30人で授業をする講師とマンツーマンで授業をする
カリキュラム年間を通して決められたカリキュラム生徒にあわせたオーダーメイドのカリキュラム
学習環境他の生徒と切磋琢磨しながら学習を進める質問しやすく丁寧な指導を受けやすい
授業料安価(月額1~2万円)高価(月額1.5~3.5万円)

偏差値60以下のお子さんが塾に入るのであれば、個別指導塾がおすすめです。

個別指導塾の場合は、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、個人の理解度に応じて指導してもらえるためです。

ただし、個別指導塾はカリキュラムの内容や指導方法をしっかりと確認してから適切な塾を選びましょう。

ゆうた

カリキュラムの内容や指導方法をしっかりと確認して適切な塾を選ぶことが大切です。

担当する講師の質で塾を選ぶ

塾選びでは、お子さんを担当する講師の質も重要です。

塾自体はよくても、子どもに勉強を教える講師の質がよくなければ、受験対策を効率よく行えません。

講師の質を確認するポイント
  • 指導実績
  • 子どもとの相性

優秀な講師は、わかりやすい説明でつまずきのポイントを的確に指摘し、子どものやる気を引き出してくれます。

ゆうた

塾の情報を集める際は、講師の経歴やキャリアにも注目しましょう。

無料体験できる塾であれば、実際の授業を体験して指導方法や子どもとのコミュニケーションを確認することがおすすめです。

面倒見のよい塾を選ぶ

塾を選択するときは、サポート体制の整った面倒見のよい塾を選びましょう。

面倒見のよい塾であれば、子どもの指導にしっかりと向き合ってくれるでしょう。

面倒見のよさを確認するポイント
  • 苦手分野をフォローしてくれるか
  • 模試の振り返りを一緒に行ってくれるか
  • 自習管理など自宅学習の支援をしてくれるか

子どもの学習状況を定期的に確認し、適切なアドバイスを行う姿勢は重要です。

授業外での質問にも丁寧に対応してくれる塾なら、つまずきを放置せずに済みます。

ゆうた

細かいところまでフォローしてもらえると、安心して中学受験対策を任せられます。

関連記事「知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説」では、面倒見のよい塾の特徴を詳しく解説しています。塾選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

【知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説 「子どもの塾選びで失敗したくない」「面倒見の良い塾に子供を通わせたい」「どんな塾が子どもに合っているのだろうか?」 とお考えの親...

【いつからでも必須】中学受験に向けて親御さんができる準備5つ

中学受験に向けて親御さんができる準備は、以下の5つです。

  • 勉強のモチベーションを引き出す
  • 子どもと良好な親子関係を築いておく
  • 親子で規則正しい生活をする
  • 正しいスケジュール管理方法を身に付ける
  • 学校の先生や塾講師とコンタクトを取る

中学受験の準備を整えるためには、入念な情報収集や計画が必要です。

中学受験の準備を始めると決めたら、すぐに行動に移していきましょう。

関連動画「【有料級】子どもが勝手に勉強やる気になる方法【中学受験でのNG行動】」では、子どもが勉強をやる気になる方法を解説しています。モチベーションアップに大きくつながるため、ぜひ動画も合わせて視聴してください。

1.勉強へのモチベーションを引き出す

中学受験の準備において、子どもの勉強へのモチベーションを引き出すことが重要です。

モチベーションを上げるために効果的な方法
  • 志望校見学に行く
  • 子どもの基本的欲求を満たしてあげる

実際に志望校を見学すると、学校に通っているイメージできるようになり、自分も志望校に通いたいという思いを強く持てるようになります。

子どもの基本的欲求とは、人は生まれながらに5つの基本的欲求を持っているとされるものでです。

  1. 生存の欲求
  2. 愛・所属の欲求
  3. 力の欲求
  4. 自由の欲求
  5. 楽しみの欲求

たとえば、愛・所属の欲求が強いお子さんであれば、グループに所属したいなど満足な人間関係の欲求が強いと判断できます。

ゆうた

お子さんの特性に合わせて、環境を整えるとモチベーションアップにつながります。

2.子どもと良好な親子関係を築いておく

普段からお子さんとの会話を大切にし、良好な親子関係を築いておくことが大切です。

中学受験は親子で協力して進める必要があり、親子関係が悪化していると計画がうまく進められなくなるでしょう。

ゆうた

スケジュール管理や情報収集などを行っても、素直に聞き入れてもらえなくなります。

親子関係を良好な状態にするため、お子さんの悩みに耳を傾け、共感し、時には勇気づける言葉をかけてあげましょう。

特にお子さんの話を傾聴することを心がけていれば、少しずつ心を開いてもらえるようになります。

受験勉強だけでなく、日頃のコミュニケーションを大切にすることが、合格への第一歩です。

3.親子で規則正しい生活をする

受験勉強を効果的に進めるためには、規則正しい生活リズムを整えることが欠かせません。

親子で生活リズムを共有し、子どもが集中して勉強に取り組める環境を作りましょう。

ゆうた

毎日決まった時間に起床・就寝することを習慣づけると、スケジュールも進めやすくなります。

体調管理ができていれば、子どもは心身ともに安定し、勉強にも集中できるようになります。

勉強の効率を上げるため、親子で規則正しい生活を心がけましょう。

4.正しいスケジュール管理方法を身につける

中学受験の準備では、限られた時間を有効に活用するスケジュール管理が重要になります。

お子さんの状態に合わせて適切なスケジュール管理ができれば、大幅な成績アップにつながります。

効果的なスケジュール管理方法
  • 計画は紙に書く
  • 宿題をスケジュールに入れない
  • 直近の目標と今週やるべきことを書く

スケジュール管理するときは、中学受験の合格に必要なものを優先的に入れることがポイントです。

成績アップに影響しない宿題などは、やらないという判断も必要だと認識しておきましょう。

ゆうた

時間は限られているため、お子さんの成績を伸ばす上で優先度の高いものから手をつけていきましょう。

関連記事「【成績アップの秘訣】中学受験の勉強はスケジュール管理が大切!5つのコツと注意点を紹介」では、効果的なスケジュール管理方法について解説しています。中学受験合格を目指せるスケジュール管理方法がわかるため、ぜひ合わせてご一読ください。

【成績アップの秘訣】中学受験の勉強はスケジュール管理が大切!5つのコツと注意点を紹介 「中学受験のための勉強スケジュールはどうやって立てればいいの?」「勉強スケジュールを計画する時に親が気を付けてあげるべきポイントは?」...

5.学校の先生や塾講師とコンタクトを取る

中学受験は、親御さんだけでなく、学校の先生や塾の講師といった周囲の協力を求めることも欠かせません。

普段から先生・講師とコンタクトを取り、子どもの学習状況について情報共有することが大切です。

先生や講師とコンタクトを取るメリット
  • 志望校の詳しい受験情報を教えてもらえる
  • お子さんの学習状況や現状の学力などを共有できる
  • 成績アップに必要な対策方法を教えてもらえる

学校でのお子さんの様子や、塾での成績の変化など、気になることは率直に相談してみましょう。

子どもに関する情報を共有することで、先生・講師も個々に合った指導がしやすくなります。

ゆうた

親御さんと先生・講師が連携を取ることが、子どもの合格をより確かなものにしてくれるでしょう。

中学受験するならすぐに準備を始めよう

中学受験の準備は、小学3年生の2月から4年生の4月が準備を始める最適期と言われています。しかし、小学5年生~小学6年生位になってからでも、効率的な学習計画を立てれば十分合格のチャンスがあります

ゆうた

お子さんの適性や希望に合わせて、焦らず準備を進めていきましょう。

中学受験の準備は、ほとんどのお子さんにとって人生初の大きなチャレンジです。

親子で力を合わせて、中学受験の準備を進めていきましょう。

なお、公式LINEでは、中学受験に悩んでいる人に向けて500名以上の受験に関わり数々の実績を上げている私が、不定期に個別の面談を実施しています。

お子さんの状況から中学受験を目指すため適切にアドバイスするため、お悩みの方はぜひ公式LINEに登録してみてください。

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で有料級豪華特典「12個」プレゼント!

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で電子書籍4冊プレゼント!

【受験コーチゆうた】生徒の生の声をYouTubeにて公開中!