MENU
受験情報

偏差値40でも中学受験はおすすめ!3つの理由や成績向上のための学習方法を解説

「偏差値40の子でも中学受験をさせてもいいのだろう?」
「うちの子の成績を伸ばすための学習方法を知りたい!」
「偏差値40の場合、どんな塾に通わせたらよい?」

中学受験において、合格のしやすさや学力の目安さとして偏差値が用いられます。なかには、偏差値40の状態から受験に挑戦しようか迷っている方もいるのではないでしょうか。

ゆうた

結論からお伝えすると、偏差値40からでも中学受験への挑戦はおすすめです!

正しい学習方法を実践すれば、偏差値60を達成する可能性を秘めています

この記事では、偏差値40のお子さんを抱えている親御さんに向けて、

  • 中学受験をおすすめする理由
  • 成績アップのための学習方法
  • 個別指導塾が向いている理由

などを紹介します。

最後まで読むことで、中学受験を成功するためのノウハウがわかり、第一志望に合格する可能性が高くなるでしょうぜひご一読ください。

執筆者情報

なお、私の公式LINEでは、偏差値40から60以上に成長した学習のノウハウを無料でお届けしています。

ゆうた

さらにいまなら、中学受験の攻略スライドや過去問対策ノウハウ図解など、有料級の特典を12点プレゼントしています!

ぜひ以下のリンクから、友だち登録してみてくださいね。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験における偏差値40は中間レベル

偏差値40は、中学受験において中間レベルに該当します

中学受験は試験に向けて勉強にはげんでいるお子さんが母集団を形成するため、偏差値が低く反映されやすい傾向にあります。高校や大学受験の偏差値と比較すると、同じ学力でも10以上低く出ることも珍しくありません

ゆうた

つまり、偏差値40の小学生は、高校や大学受験では偏差値50相当のレベルです!

決して低い数値ではないため「うちの子っては学力が足りないのかな」と不安に感じる必要はありません。

ただし、中学受験を成功させたいのなら、もう少し学力が求められます。志望校次第ですが、偏差値50以上、できたら60近くを目指したいところです

偏差値40の子に中学受験をおすすめする3つの理由

ゆうた

偏差値40のお子さんでも、中学受験に挑戦する価値は十分あります

主に、以下3つの理由があるためです。

  1. 成績アップの可能性を秘めている
  2. 中学受験をとおして心が成長する
  3. 中学校の偏差値だけが判断基準ではない

それぞれの理由について、順番に解説します。

「中学受験にチャレンジするか迷っている」という親御さんは、関連記事「中学受験をするかしないか迷ったら?8つの判断方法を学習指導のプロが解説」をチェックしてみてください。8つの判断基準を紹介しています。

中学受験をするかしないか迷ったら?8つの判断方法を学習指導のプロが解説 「中学受験をするかしないか迷っている…」「うちの子は中学受験に向いているのだろうか?」「中学受験をすることになったときの成功の秘訣を知...

1.成績アップの可能性を秘めている

偏差値40のお子さんは、基礎ができていなかったり勉強方法がわからなかったりするケースが多いです。つまり、コツさえ掴めば成績アップする可能性があります。

ゆうた

私の生徒でも、偏差値40から60になった実績は多いです!

偏差値40のお子さんが上を目指すなら、成績を伸ばすための学習方法を理解しなければなりません。

正しいノウハウを知り実践に移すことで、偏差値50~60を目指せます。

本記事中の「偏差値40から成績アップ!中学受験のおすすめ学習方法」では、具体的な勉強のコツを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください

2.中学受験をとおして心が成長する

中学受験では、数年単位でコツコツと勉強を続けていかなければなりませんそのため、お子さんの心の成長につながります。

たとえば、以下のような効果が期待できるでしょう。

中学受験で見込める成長例
  • 周りに流されずに目標に向かってがんばる
  • 大学受験のために地道に学習を行う
  • 部活動で積極的に自主練習をする
  • 就職活動で不採用になってもへこたれない

ゆうた

このように、中学受験を経験することで、その後の生活にも大きな影響を及ぼす可能性があります

たとえ志望校に受からなかったとしても、がんばった経験はプラスになるでしょう。

3.中学校の偏差値だけが判断基準ではない

「偏差値が高い中学校=すごい」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

ゆうた

しかし、偏差値だけで志望校を決めるのはおすすめしません

ユニークな授業をおこなっていたり、部活動に力をいれていたりと、中学校によって特色が異なるためです。

また、志望校を考える際は、偏差値だけでなくお子さんとの相性も考える必要があります。

「子どものやりたいことを叶えられるか」「学校の雰囲気は子どもとあっているか」などを考えてみてください。

偏差値40から成績アップ!中学受験のおすすめ学習方法

偏差値40から成績を伸ばすためには、主に以下5つの学習方法に取り組みましょう。

  1. 基礎を固める
  2. 問題の解法を説明する
  3. 過去問対策を実践する
  4. 計画を立てて学習する
  5. 試験に出やすい分野から勉強する
ゆうた

これらの方法は、私の生徒が第一志望の合格率91%を達成した効果実証済のものです!

「子どもの成績を伸ばしたい」「どうやって学習を進めればよいかわからない」と考えている親御さんは、ぜひ参考にしてみてください。

1.基礎を固める

中学受験に成功している受験生のほとんどは、基礎固めができています。

ゆうた

受講生500名以上を指導した経験から、基礎をおろそかにして後悔したお子さんを何百人と見てきました

偏差値40からの成績アップには、基礎を固める必要があります。

学習の土台ができていることで、受験で出題されるような応用問題を解けるようになりますまた、振り返りに使う時間を減らすことで、成績を伸ばすための時間を確保できます。

基礎を固めるには、学校で習った授業を振り返ったり、基礎をまとめた参考書やドリルに取り組んだりしましょう

2.問題の解法を説明する

問題の解法を説明することで、より理解を深められます結果、知識が定着し、偏差値40からの成績アップが期待できます。

なお、お子さんに問題の解法を説明してもらう際には、以下の手順を踏みましょう。

解法の説明ステップ
  1. 塾や学校で出されている宿題を解いてもらう
  2. 問題を解法といっしょに説明してもらう
  3. テキストの解説どおりにできているか確認する

ゆうた

答えがあっていても説明ができていなかったら、お子さんに再度説明してもらいましょう

3.過去問対策を実践する

中学受験では、過去問対策が必須です。過去問を1年分やると合格率が3%変わるというデータがあるほど、効果が期待できます。

ゆうた

しかし、やり方が間違っていると、正答率が伸び悩む恐れがあります

主に、以下の正しい過去問対策の方法を押さえておきましょう。

正しい過去問対策
  • 10年分を2周解く
  • 拡大コピーしてから解く
  • 間違えた問題は理由も記録する
  • 最初のうちは時間制限なしで解く
  • 6年生の夏から対策を始める

ただし、過去問だけを解いていて志望校に合格するのは厳しいです。

関連記事「中学受験は過去問だけで合格するのは厳しい!対策する目的とポイント5つを紹介」では、過去問対策に加えて行いたい学習方法を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

中学受験は過去問だけで合格するのは厳しい!対策する目的とポイント5つを紹介 「中学受験は過去問だけで合格できるの?」「過去問の目的って何なの?」「中学受験対策として過去問をする際の注意点は?」 中学受験を...

4.計画を立てて学習する

成績が上がるかどうかは、毎日のスケジュール管理で決まるといっても過言ではありません

ゆうた

目標を立てて学習計画を練ったり、1週間や1日の振り返りをしたりすることで、偏差値40からの成長が見込めます!

中学受験のスケジュールを立てるには、主に以下の手順で進めていきましょう。

スケジューリングの手順
  1. 1週間の予定を立てる
  2. 1日単位で学習内容を決める
  3. 計画通りにできたか振り返る

とはいえ、お子さん自身でスケジュールを組み立てたり管理したりするのは難しいです。そのため、学習計画は親御さんのサポートが求められます

5.試験に出やすい分野から勉強する

偏差値40から成績アップを目指すのなら、効率のよい学習方法が求められます。そのため、試験に出やすい分野を優先して進めましょう。

試験に出にくい分野をやっていても、正答率が上がる可能性は低いです。

ゆうた

たとえば、つるかめ算が苦手だからといって重点的にやっても、志望校の入試で出ないのなら意味がありません

それなら試験に出やすい分野から勉強するのが好ましいです。さらに、お子さんが得意な分野であれば、モチベーションアップの効果も見込めます。

対策する分野を決める際は、問題集や資料などから志望校の過去問の出題と傾向を確認しますその後、お子さんの得意分野があるかを確かめましょう。

ゆうた

このように学習方法に工夫を施せば、偏差値40からの成績アップは十分可能です!

私の公式LINEでは、お子さんのライフスタイルや得意不得意にあった勉強のコツを発信しています。友だち登録は無料なので、ぜひ以下のリンクからチェックしてみてください。

偏差値40から中学受験をするなら個別指導塾がおすすめ

偏差値40から中学受験にチャレンジするのなら、集団塾よりも個別指導塾がおすすめです。

ゆうた

正しい学習方法を身につけたり、お子さんの苦手分野を見つけたりするためには、細かなフォローが必要になります!

こちらでは、個別指導塾の魅力を3点紹介します。

  1. 習熟度にあわせて学習を進められる
  2. 手厚い個別フォローが期待できる
  3. 他の習い事と両立しやすい

「子どもをどんな塾に通わせるか迷っている」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、YouTubeの関連動画「【塾選び完全版】集団塾と個別指導塾どっちがいいか向いてる子の違い比較」では、集団塾と個別指導塾を比較解説しています。

それぞれ相性がよいお子さんの特徴も紹介しているので、ぜひ視聴してみてください。

1.習熟度にあわせて学習を進められる

個別指導塾は、生徒にあった学習を進められるのが魅力です。お子さんにあった志望校対策も行えます。

ゆうた

これにより、お子さんのモチベーションがあがったり、勉強が好きになったりする効果が期待できるでしょう

一方、集団塾では「この時期にこの範囲を学習する」というカリキュラムが組まれています。理解できていない生徒がいたとしても、授業は進めなければなりません。

結果、同じ学力からスタートしても、だんだんと習熟度に差が出てきてしまいます

2.手厚い個別フォローが期待できる

個別指導塾は、集団塾よりも生徒へのフォローが手厚い傾向にあります。たとえば、以下のようなサポートをしてくれるでしょう。

個別指導塾のサポート例
  • どこでつまずいているのかを確認してくれる
  • 自主学習の方法を教えてくれる
  • 苦手分野にあわせて指導してくれる
  • 成績が上がったら直接褒めてもらえる

一方、集団塾では、30人前後の生徒を1人の講師が教えることになりますそのため、1人あたりのフォローはどうしても手薄くなりがちです。

個別指導塾の丁寧なフォローは、お子さんの勉強意欲を引き出しやすいです。

ゆうた

結果、お子さんが主体的に勉強するきっかけを作り、成績向上が期待できます

3.他の習い事と両立しやすい

個別指導塾は、お子さんとマンツーマンで授業を行います。そのため、生徒にあわせてある程度は都合をあわせてもらいやすいです。

そのため、習い事で忙しいお子さんでも塾による指導を受けやすいです。

ゆうた

「大好きなピアノは続けたい」「受験のために野球は辞めたくない」などの希望があるお子さんには、魅力に感じるでしょう!

習い事をしつつ、成績アップを目指したいなら、個別指導塾の利用を検討してみてください。

偏差値40でも中学受験の挑戦はおすすめ!学習方法を知り志望校合格を目指そう

偏差値40のお子さんでも、中学受験にチャレンジする価値は大きいです。また、正しい学習方法を知り実践すれば、偏差値60を目指すことも夢ではありません。

ゆうた

とはいえ、学習の進め方や志望校の決め方など、中学受験において悩みはつきものです!

私の公式LINEでは、中学受験に役立つさまざま情報を無料で発信しています。なかには、偏差値40から60に成長し、第一志望に合格した効果実証済のノウハウも含まれています。

友だち登録は無料なので、ぜひ以下のリンクから中学受験の攻略法をチェックしてみてください。