子どもの指導法

【低学年の罠】小学3年生で学力の差が出る理由3選!周りより成績が低いリスク3つも紹介

「小学3年生で学力の差が出る理由は?」
「学力の差が広がると起こるリスクは?」
「受験の合格率を上げるために小学3年生からやっておくべきことは?」

など小学3年生の受験事情について気になる人は多いでしょう。

結論、小学3年生で学力の差が出る理由は、学習時間と知識の差です。

ゆうた

特に小学生3年生だと、塾に通っている子もいれば趣味に没頭している人など、様々な環境の人がいます。

本記事では、小学3年生の学力の差が出る理由を以下の内容をまじえて詳しく解説します。

  • 小学3年生で学力の差が出る理由
  • 学力の差が広がると起こるリスク
  • 中学受験に合格するためにやっておいた方が良いこと

中学受験の成功を上げる方法も紹介するので、どうやって成績を上げればいいか知りたい人は必見です。

執筆者情報

YouTubeでは、子どものやる気を改善した方法を対談形式で解説しているので、ぜひご覧ください。

ゆうた

「子どもの成績を上げたい」「どうやって指導すればいいか知りたい」などと、悩んでいる親御さんは必見です!

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

小学3年生で学力の差が出る理由3選

小学3年生で学力の差が出る理由として、以下のことが挙げられます。

  • 自分の得意分野と勉強がマッチしてきた
  • 勉強で躓いた部分が出てきた
  • 学習習慣の差が出てきた

それぞれ順に解説していきます。

自分の得意分野と勉強がマッチしてきた

小学3年生で学力の差が出る理由として、得意だった分野と勉強がマッチしたことが挙げられます。

小学3年生だと、能力的な部分で学力が開くことはなかなかありません。

ゆうた

小学3年生まで、趣味としてやってきたことや知識の差で学力差がつくことの方が多いでしょう。

例えば、虫が好きな子は理科の生物分野が得意になる可能性が高いです。

生物学に対する知識が、他の子と比べてあるからです。

加えて、生物の成績が良くなると、理科全体の点数も伸びるので「勉強が楽しい」といった好循環が起こることが期待できます

結果、小学3年生で他の子より成績が良くなることが起こりやすいのです。

勉強で躓いた部分が出てきた

また、勉強で躓いた部分が出てきてしまう点も、小学3年生で学力差が出てしまう理由です。

特に小学3年生の算数は九九や分数など、難しい分野が多い学年です。

そのため、小学3年生の子は学習に躓きやすく、成績も下がりやすい傾向があります。

ゆうた

また、学習に躓いてしまうと、勉強に対するモチベーションも低下して成績も同時に下がっていくでしょう。

小学3年生で周りの子と学力差が出ないためにも、日々復習をすることが大切と言えます。

なお、関連記事「【悩み解決】中学受験の算数ができない!壊滅的にできない理由3選と対策法を紹介」では、算数の攻略法を紹介しています。

算数が理解できないと悩んでいる人は、ぜひ本記事と合わせてご覧ください。

中学受験の算数ができない
【悩み解決】中学受験の算数ができない!壊滅的にできない理由3選と対策法を紹介 「中学受験の算数ができない理由は?」「算数ができない人におすすめの対策は?」「受験を成功させるためにやるべきことは?」 中学受験...

学習習慣の差が出てきた

習慣の差が出てきてしまった点も、周りと学力差が出た理由の1つとして挙げられます。

例えば、常に塾へ行っている子と何もしていない子の場合、学習している量が多い方が成績は上がりやすいです。

ゆうた

加えて、塾へ通っている子は、学校より先の分野を学習していることもあります

つまり、塾に通っている子は学習時間が他の子と比べて多いので、成績が上がりやすいのです。

とはいえ「塾に通うお金がない」と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで公式LINEでは、500名以上の生徒を見てきた私と個別相談が可能です。

塾に通わなくても自宅でできる成績アップのノウハウを知りたい人は、ぜひ登録してください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

小学3年生で学力の差が広がると起こるリスク3つ

学力の差が広がると起こり得るリスクには、以下のことが挙げられます。

  • 勉強が嫌いになる
  • 塾や親の教育に対して不信感を持ち始める
  • 中学受験の合格率が低下する

学力の差が出てしまうデメリットを知りたい人は必見です。

勉強が嫌いになる

小学3年生で学力の差が広がると起こり得るリスクとして、勉強が嫌いになることが挙げられます。

周りと学習が開くことで自己肯定感が低くなり、勉強への熱量が無くなりやすくなるからです。

ゆうた

特に小学3年生は自我が芽生え始めて、周りよりできているかを気にし始める期間です。

そのため、小学3年生で学力の差が出ていると、勉強を毛嫌いしやすくなると言えます。

塾や親の教育に対して不信感を持ち始める

塾や親の教育に不信感を持ち始めることも、小学3年生で学力の差が出ると起こるリスクです。

特に小学3年生は自分で考えられない子も多いので、塾や親の教育を信じている人は多いでしょう。

ゆうた

しかし、結果が思うようにでないと、塾や親に対して不信感を持ち始めてしまいます

結果、勉強のモチベーションが低下するだけでなく、親の言うことも効かなくなってしまうのです。

最悪の場合、非行に走る可能性もあるので、塾選びはもちろんのこと親御さんも指導法や勉強法を学ぶことは大切と言えます。

また、塾の選び方については関連記事「【知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説」で紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

【知らないと損】面倒見の良い塾の特徴4選!中学受験のために親ができることを徹底解説 「子どもの塾選びで失敗したくない」「面倒見の良い塾に子供を通わせたい」「どんな塾が子どもに合っているのだろうか?」 とお考えの親...

中学受験の合格率が低下する

小学3年生で学力の差が出ると起こるリスクとして、受験の合格率が低下することが挙げられます。

周りの子と比べてしまうことで、勉強へのモチベーションが低下するからです。

ゆうた

特に中学受験に合格するには、勉強に対するやる気があるかどうかが鍵を握っています

したがって、小学3年生で学力差が出ないためにもやる気を低下させない工夫が必要と言えるでしょう。

とはいえ「どうやって子どもの成績を上げれば良いかわからない」と悩んでいる人も多いはず。

公式LINEでは、500名以上の生徒を見て得たノウハウを元にした有料級の特典を配布しています

お子さんの教育で悩んでいる人は、ぜひ登録してください

学力の差が出る前に小学3年生からやっておいた方が良いこと5選

中学受験を成功させるためにやった方が良いことには、以下のことが挙げられます。

  • 志望校見学をする
  • 勉強環境を整える
  • 復習する癖を付けておく
  • 塾に通わせる
  • 学校の先生とコミュニケーションを積極的に取る

受験で何が大切したいか知りたい人はぜひご覧ください。

志望校見学をする

志望校の見学は受験に合格したいのであれば、必ずやっておきましょう。

志望校見学をすれば「この学校で頑張りたい」と勉強に進んで取り組む効果が見込めるからです。

ゆうた

さらに、勉強のモチベーションが上がれば、成績も良くなります。

小学3年生からだと「はやいのでは?」と感じる人もいるでしょうが、周りとの差が出ることの方がリスクです。

したがって、小学3年生からでも志望校見学は非常におすすめと言えます。

関連動画「受験勉強に失敗する親がやっていないことTOP5|vol.009」では、志望校見学をするメリットを紹介しているので、興味のある人はご覧ください。

勉強環境を整える

また、子どもの勉強環境を整えることも、小学3年生でやっておいた方が良いことの1つです。

子どもの勉強環境を整えることで、学習に集中しやすくなり、成績アップが見込めるからです。

ゆうた

加えて、小学3年生から勉強に集中して取り組む習慣を身につけておくことで、5,6年生でも活きてきます。

中学受験において子どもの環境を変えることは本質でもあるので、小学3年生から勉強部屋の環境を整えることは非常におすすめです。

また、関連記事「【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介」では、子どものやる気について解説しています。

お子さんのタイプによって相性があるので「子どもがなかなか勉強してくれない」と悩んでいる親御さんはご覧ください。

【やる気の極意】小学生が勉強しない理由6選!子ども学習が進む対処法5つもご紹介 「小学生がなかなか勉強に取り組まない理由は?」「勉強しないとどんな末路が待っているの?」「子どもに進んで学習させる方法は?」 小...

復習する癖を付けておく

また、復習する癖を付けておくのも、小学3年生からやっておくことの1つとして挙げられます。

復習する癖があることで、基礎知識が身に付くので、成績が下がりにくくなるからです。

ゆうた

また、復習をしないと、いくら勉強しても忘れてしまいます

特に小学3年生の学習内容は基礎的な分野が多い傾向があります。

基礎を疎かにしないためにも、小学3年生から復習する癖は付けておいた方が良いでしょう。

関連動画「【中学受験のストレス99%減】親の代わりに僕から子どもにアドバイス12選【親子の仲介】」では復習の大切さを解説しているので、ぜひご覧ください。

塾に通わせる

塾に通わせるのも、小学3年生からしておくことの1つとして挙げられます。

塾に通うことで、学力の向上ができる可能性があるからです。

ゆうた

また、中学受験の対策はもちろん、子どもの指導もしてくれるので成績も上がりやすくなります

塾に通わせる=成績が必ずアップするわけではないが、小学3年生から勉強習慣をつけておくのは大切です。

したがって、金銭的に余裕があるのであれば、塾に通わせるのも方法の1つと言えます。

学校の先生とコミュニケーションを積極的に取る

中学受験で成功したいなら、学校の先生と積極的にコミュニケーションを取ることは非常に大切です。

お子さんの現状が計画通り上手くいっているかの把握ができ、勉強の方針があっているかの確認ができます

ゆうた

特に小学3年生は基礎的な部分が多いので、適当に過ごしてしまうと中学受験をするうえで後々響いてくる可能性があります

わからない点を残さないためにも、塾や学校の先生とは積極的にコンタクトを取り、子どもの理解度を都度確認するようにしましょう。

小学3年生で周りの子と学力の差を出さないようにしよう

小学3年生で学力の差が出る理由として、学習習慣の差や躓いた部分が出てきたなどが挙げられます。

また、小学3年生は自我ができ始めたり、周りの子と差が成績の差が出るので、モチベーション低下を引き起こしやすい年代です。

最悪の場合、中学受験を目指していても「自分ではできない」と受験を挫折してしまう可能性もあります

そのため、中学受験をしたいのであれば、子どものやる気が低下しないような指導が非常に大切です。

ゆうた

とはいえ「どのように指導していけば良いかわからない」と悩んでいる親御さんも多いでしょう。

そこで公式LINEでは、500名以上の生徒を見てきた私と個別面談ができます

たくさんの生徒を見て身につけた経験とノウハウがあるので、お子さんにあった方法を知りたい人はぜひLINE登録してください。

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で有料級豪華特典「12個」プレゼント!

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で電子書籍4冊プレゼント!

【受験コーチゆうた】生徒の生の声をYouTubeにて公開中!