子どもの指導法

【判断ポイント】中学受験のやめどき5選!後悔しないために大切なことも合わせて解説

「中学受験をやめどきの判断基準は?」
「やめどきを判断するうえで注意すべきポイントは?」
「中学受験の成功確率を上げるためにすべきことは?」

など中学受験をやめるかで悩んでいると上記について気になる人は多いでしょう。

結論、中学受験のやめどきは、子どものやる気が低下してしまった時親御さんが精神的にこれ以上続けられないとなった時です。

ゆうた

特に中学受験に合格するには、モチベーション管理ができるかが鍵を握っています

そこで本記事では、中学受験のやめどきと対処法を以下の内容をまじえて解説します。

  • 中学受験のやめどき
  • 受験のやめどきを判断するための注意ポイント
  • 中学受験を成功させるために大切なこと

中学受験をいつ辞めればいいかと悩んでいる親御さんは必見です。

執筆者情報

YouTubeでは、子どもを主体的に勉強するように変えた私が中学受験の成功に必要なことを対談形式で解説しているのでぜひご覧ください。

また、公式LINEでは、中学受験にの合格するためのノウハウを発信しています。

ゆうた

「子どもが受験に真剣になってくれない」「どうしたら成績が上がるかわからない」などと悩んでいる親御さんは必見です!

ぜひ下記のリンクから公式LINEをチェックしてみてください!

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験のやめどきの判断基準5選

中学受験のやめどきの判断基準には、以下のことが挙げられます。

  • 子どものやる気が低下した
  • 健康まで崩してしまった
  • やりたいことが見つかった
  • 母親や父親がノイローゼになった
  • 家庭環境が悪化している

それぞれ順に解説していきます。

子どものやる気が低下した

中学受験のやめどきの判断基準として、子どものやる気の低下が挙げられます。

受験するのは子ども自身なので、やる気がないと不合格になる確率が上がるからです。

ゆうた

また、モチベーションが低い状態で取り組ませても、時間やお金の無駄になります

無理やり勉強させると子どもがストレスを感じて、非行に走る可能性もあるのでやる気が低下したのであれば、中学受験はやめるべきと言えるでしょう。

健康まで崩してしまった

健康を崩してしまうほどのスケジュールになった時もやめるかを考えるタイミングとして挙げられます。

将来のために受験を頑張っているのに、健康を崩して倒れたり治らない病気にかかったりしてしまうのは本末転倒だからです。

そのため、健康状態が悪くなるようなスケジュールなのであれば、辞めるもしくは、管理方法を変える必要があります。

ゆうた

とはいえ、スケジュール管理をどのようにすればいいかわからない人も多いでしょう。

そこで関連記事「【成績アップの秘訣】中学受験の勉強はスケジュール管理が大切!5つのコツと注意点を紹介」ではスケジュール管理方法を解説しているので、悩んでいる人はご覧ください。

【成績アップの秘訣】中学受験の勉強はスケジュール管理が大切!5つのコツと注意点を紹介 「中学受験のための勉強スケジュールはどうやって立てればいいの?」「勉強スケジュールを計画する時に親が気を付けてあげるべきポイントは?」...

やりたいことが見つかった

子どもがやりたいことを見つけた際は、中学受験のやめるかどうか考える必要があります。

中学受験合格の先にやりたいことがつながってくるならば、受験勉強を継続しても問題ないです。

しかし、中学受験がやりたいことと関連しないのであれば、受験勉強をやめることも検討してみても良いでしょう。

ゆうた

また、やりたい内容にも努力が必要なのであれば、中学受験に取り組むことが難しいでしょう。

したがって、子どものやりたいことが見つかったのであれば、中学受験はやめるかどうか検討してみましょう。

母親や父親がノイローゼになった

母親や父親がノイローゼになってしまった時も、中学受験をやめるべきか考えるポイントです。

中学受験は子どもだけでは難しく、親御さんの協力が必要不可欠だからです。

ゆうた

特に小学生はまだ自制心がないので、モチベーションに波がある子が多くいます

やる気に波がある子は受験が上手くいかない傾向があるので、親御さんがノイローゼになり、サポートが難しいのであれば受験を続けるべきか考えるべきでしょう。

とはいえ、子どものためにどうにかしたいと悩んでいる人も多いはず。

そこで関連記事「【親御さん必見】中学受験で母親がノイローゼになる理由5選!合格する方法も紹介」では、ノイローゼの対策法と原因を紹介しているので、興味のある人はご覧ください。

【親御さん必見】中学受験で母親がノイローゼになる理由5選!合格する方法も紹介 「中学受験でノイローゼになる原因は?」「ノイローゼにならないために大切なことは?」「子どもがモチベーション高く勉強する方法は?」 ...

家庭環境が悪化している

中学受験によって、家庭環境が悪化している場合もやめるべきタイミングとして挙げられます。

家庭環境が悪化していると、受験どころではなくなるからです。

ゆうた

また、家庭環境が悪いと、子どもにストレスがかかって不良になる可能性もあります

したがって、家庭環境が悪化しているのであれば、中学受験はやめておくべきと言えます。

とはいえ、どうしても中学受験を諦めたくない人もいるはずです。

そこで公式LINEでは500名以上の生徒を見て来た、私が対処法をお伝え出来ます。

中学受験や勉強にどういう風に取り組めばいいかわからない人は、ぜひ登録してください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

中学受験のやめどきを判断するうえで注意すべきポイント

受験のやめどきを判断するうえで注意すべきポイントとして、以下のことが挙げられます。

  • 子どもが後悔しないようにする
  • 塾以外でも合格はできる
  • 改善方法を一度は模索する

これから受験をやめようとしている人は必見です。

子どもが後悔しないようにする

中学受験をやめる時に注意すべきポイントとして、子どもが後悔しないようにする選択にしてあげることが挙げられます。

仮に子どもがまだやる気になっているのに、勝手に判断して中学受験をやめてしまうと「あの時がんばっておけば」という感情にさせてしまうからです。

ゆうた

最悪の場合、子どもが非行に走ってしまうリスクもあります

また、やる気になっているのであれば、まだ成果が出る可能性があるので、子どもが後悔しないためにも続けさせるべきです。

とはいえ、辞めた方がいい子も中にはいるのも事実です。

関連記事「【解決策あり】中学受験をやめた方がいい子の特徴5選!親が取っているNG行動を現役塾講師が解説」では、中学受験に向いていない子を紹介しているので、やめどきで迷っている人は必見です。

【解決策あり】中学受験をやめた方がいい子の特徴5選!親が取っているNG行動を現役塾講師が解説 「うちの子は中学受験に向いているのかな?」「志望校に合格して欲しいけど、親にできることはないの?」「子どもの中学受験をあきらめるべきか...

塾以外でも合格はできることを把握する

塾に通わなくても、中学受験には合格できることを理解しておくことも、やめる前に知っておいた方が良いことの1つです。

中学受験はお金がかかるので、経済的な問題で悩んであきらめる人もいますが、塾に通わなくても中学受験は合格が可能です。

実際、ひまわり教育研究センターのデータによると、中学受験対策塾に通った人の割合は20%と発表されています。

ゆうた

つまり、8割以上(5人に1人)が対策塾に通わずに受験しています

そのため、塾に通えないからと諦めるのは勿体ないです。

関連記事「【独学の人必見】塾なしで中学受験をする人の割合は20%!合格に大切なこと4つも紹介」では、塾なしで中学受験に合格するための秘訣を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【独学の人必見】塾なしで中学受験をする人の割合は20%!合格に大切なこと4つも紹介 「中学受験を塾なしで合格している人の割合は?」「塾なしで中学受験するリスクや良いことは?」「合格率を上げるためにおすすめの勉強ノウハウ...

改善方法を一度は模索する

また、すぐにやめるのではなく、改善方法を一度は模索しましょう。

何かのきっかけで勉強のコツを掴み、成績が上がる可能性があるからです。

ゆうた

他にも改善方法を模索せずにすぐに辞めてしまうと、逃げてしまう癖がついて努力ができなくなるデメリットもあります

将来的に見て後悔しないためにも、改善できることはないか一度は考えるべきです。

とはいえ、どこを改善すれば良いかわからない方もいるはず。

そこで公式LINEでは、お子さんにあった勉強法を見つける有料級のプレゼントを配布しています

受験に役立つ有料教材も配布しているので、合格したいと思っている人はぜひ登録してください。

中学受験のやめどきを考える前にやるべきこと

中学受験のやめどきを考える前にやるべきこととして、以下のことが挙げられます。

  • 志望校見学をする
  • 勉強環境を整える
  • 志望校選びを徹底する

受験に合格したいけどやめようと考えている人はぜひご覧ください。

志望校見学をする

中学受験をやめるか考える前に、志望校の見学は必ずやっておきましょう。

志望校見学をすることで「この学校で頑張りたい」と勉強を進んで取り組む効果が見込めるので、成績が上がる可能性があるからです。

ゆうた

さらに、成績が上がればモチベーションアップにもつながる点も大きなメリット

子どものモチベーションが低下して、中学受験をやめるかで悩んでいるのであれば、志望校見学をしてみてモチベーションが上がるか試すのは非常におすすめです。

志望校見学をすることで起こるメリットに関しては、関連動画「受験勉強に失敗する親がやっていないことTOP5|vol.009」で紹介しているので興味のある人はご覧ください。

勉強環境を整える

また、子どもの勉強環境を整えることも、やめる前にしてみることの1つとして挙げられます。

子どもの勉強環境を整えることで、学習に集中しやすくなり、成績アップが見込めるからです。

特に家にはゲームや漫画など誘惑があるものが多いので、勉強に集中しにくい傾向があります。

ゆうた

また、中学受験において子どもの環境を変えることは本質です!

そのため、子どものやる気が低下して受験を諦めるか悩んでいるのであれば、勉強部屋の環境を整えることをおすすめします。

志望校選びを徹底する

中学受験をやめる選択にならない方法になるが、自分のレベルにあった志望校選びも受験を成功させるためには大切です。

志望校がレベルの高い学校だと、現実とのギャップを感じて「合格できないかも」とモチベーションが低下しやすくなるからです。

モチベーションが低下していれば成績も伸びづらいので、中学受験をやめる選択になりかねません。

ゆうた

また、やる気がなくなって、塾へ行かなくなると時間やお金を無駄にしてしまう点も大きなデメリット

中学受験を途中で諦める選択にならないためにも、志望校選びの徹底は必須と言えるでしょう。

中学受験のやめどきを考える前にやるべきことは必ずやろう

中学受験のやめどきは、子どものモチベーションが低下してしまった時と、親御さんが精神的にこれ以上続けられないとなった時です。

特に子どものやる気が低下していると勉強効率が悪くなるので、受験合格が遠のいてしまいます

そのため、子どものやる気の低下したタイミングが受験のやめ時と言えるでしょう。

ゆうた

とはいえ、志望校見学を行う、勉強環境を整えるなど対処すれば、子どものモチベーションが上がる可能性が大いにあります

そのため、子どものやる気の低下で中学受験をやめるか悩んでいるのであれば、必ずすべき

しかし「何をしても子どもが勉強してくれない」と悩んでいる親御さんも多いでしょう。

そこで公式LINEでは、多くの生徒を見て身につけた経験とノウハウがあるので、お子さんにあった方法を提案できます。

子どもがなかなか勉強せずに頭を抱えている人は、ぜひこの機会にLINE登録してください。

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で有料級豪華特典「12個」プレゼント!

【受験コーチゆうた】無料LINE登録で電子書籍4冊プレゼント!

【受験コーチゆうた】生徒の生の声をYouTubeにて公開中!