MENU
子どもの指導法

【超有益】中学受験は塾なしの6年生からでも合格可能!遅いと言われる理由や成功させる方法も解説

「塾に通っていない小学6年生でも受験に合格できるの?」
「どうして6年生からだと遅いと言われるの?」
「受験の成功率を上げるためにできることが知りたい」

受験は塾なしの6年生からでも合格できるか気になる人は多いでしょう。結論、中学受験は塾なしの6年生からでも合格可能です。

ゆうた

ただし、合格率を上げるためには、いくつかすべき行動があります

勉強に集中できる環境を整えたり、スケジュール管理をしたりすることが大切です。

本記事では、中学受験を目指しているものの現在は塾に通っていない6年生の親御さんに向けて、以下の内容を解説します。

  • 塾なしで中学受験に合格できるか
  • 6年生から取り組むと遅いと言われる理由
  • 成功させる方法

お子さんに中学受験を成功してほしいと願う親御さんは必見です。

執筆者情報

YouTubeでは、私がどうやって子どものやる気を引き出したのかを対談形式で解説しているので、ぜひご覧ください。

ゆうた

「塾なしでギリギリに取り組んでも間に合うのか」「子どもの成績を改善したい」と、悩んでいる親御さんにおすすめです!

なお、私の公式LINEでは、中学受験を成功させるために必要なノウハウが詰まった電子書籍を無料でプレゼントしています。ぜひお気軽に友達追加をして受け取ってください。

\LINE登録で電子書籍4冊プレゼント /

塾なしの6年生からでも中学受験に合格できる

中学受験をするなら、塾が必須だと考えている親御さんは多いかもしれません。しかし、塾なしの6年生からでも合格可能です

お子さんのモチベーションの維持やスケジュールの管理が重要なため、親御さんがフォローできれば塾なしでも合格できるでしょう。

ゆうた

ただし、受験勉強への取り組みが、小学6年生からだと厳しくなりやすいのも事実です。

そのため、塾に通わないのであれば、早めに受験対策をするのがおすすめです。

なお、関連記事「【独学の人必見】塾なしで中学受験をする人の割合は20%!合格に大切なこと4つも紹介」では、塾なし受験をしている人の割合を解説しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

【独学の人必見】塾なしで中学受験をする人の割合は20%!合格に大切なこと4つも紹介 「中学受験を塾なしで合格している人の割合は?」「塾なしで中学受験するリスクや良いことは?」「合格率を上げるためにおすすめの勉強ノウハウ...

中学受験は塾なしの6年生からでも合格可能な理由2選

中学受験が6年生から塾なしで合格可能な理由は、以下の2つが挙げられます。

  1. 必要な教材を自宅で揃えられる
  2. オンライン学習サービスが充実している

1つずつ順に見ていきましょう。

1.必要な教材を自宅で揃えられる

必要な教材を自宅で揃えられる点が、小学6年からで塾なしでも合格できると言われる理由の1つです。たとえば、以下のような教材は、塾に通わなくても揃えられます。

中学受験に必要な教材の例
  • 過去問集
  • レベル別問題集
  • 入試傾向が記載されているテキスト など

大きな書店やインターネットなどで手に入るため、自ら勉強できる子どもは塾に通っていなくても志望校に合格する可能性があります。

ゆうた

ただし、モチベーション管理ができていないと、どれだけ勉強していても効果が出にくい傾向があります。

そのため、親御さんがモチベーションを維持できるよう、フォローしてあげる必要があります。中学受験を成功させるには、勉強量を確保することが大切だからです。

受験当日までやる気を落とさず取り組めるよう、お子さんが勉強に集中できる環境を整えるなど、積極的にサポートしてあげてください。

2.オンライン学習サービスが充実している

近年ではインターネットの普及により、オンライン学習サービスが充実しています。そのため、塾に通っていない6年生でも中学受験に合格できる可能性があります。

たとえば、以下のようなサービスです。

オンライン学習サービスの一例
  • スタディサプリ 小学講座
  • スマイルゼミ
  • Z会オンライン個別指導 など

自宅で学べる環境が整っていれば、塾に足を運ぶ時間を短縮できるのが魅力です。また、サービスによっては、モチベーション管理をしてくれることがあります。

ゆうた

オンライン学習サービスの発展によって、塾なしでも効率良く学習できる環境が整っているのです。

中学受験に塾なしで6年生から取り組むのは遅いと言われる3つの理由

塾に通っていない子どもが6年生から中学受験に挑むのは遅いと言われる理由は、以下のとおりです。

  1. 勉強時間が足りない
  2. 基礎が身に付いてない可能性が高い
  3. 周りとの学力差が開いている

1つずつ解説します。

1.勉強時間が足りない

中学受験に合格したいと思っている子どもは、小学6年生より前から取り組んでいることが多い傾向があります。

ゆうた

そのため、小学6年生からでは勉強時間が不足し「今からでは遅い」と言われてしまいます。

特に、塾に通っていない子の多くは勉強習慣が身についていないことがあるため、成績が上がりにくい傾向です。塾なしで中学受験に挑むなら、ライバルよりも効率よく勉強する必要があります。

2.基礎が身に付いてない可能性が高い

6年生から中学受験に取り組むと、必要に応じて復習から取り組むことになるため、受験勉強に割く時間が短くなる可能性があります。

ゆうた

算数などの積み上げが必要な教科は、前学年の内容が理解できていないと復習が必要です。

中学受験を攻略するには、基礎がしっかり身に付いていることがカギとなります。そのため、小学6年生から受験に挑むのはおすすめしないといった声が挙がるのです。

なお、中学受験を成功させるには基礎的な勉強だけでなく親のサポートも必須です。関連記事「【知らなきゃ損】中学受験に成功する親の特徴10選!NG行為や3つの学習のコツを解説」で理由を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

【知らなきゃ損】中学受験に成功する親の特徴10選!NG行為や3つの学習のコツを解説 「中学受験で親は何をしたらよいの?」「子どもにどんな風に関わればよいのかわからない…」「中学受験に成功している親の共通点はある?」 ...

3.周りとの学力差が開いている

ライバルとなる子どもたちは、小学3~4年生から塾に通っているケースが多いです。そのため、すでに大きく学力差がついている可能性があります。

ゆうた

周りの子たちと学力差が開きすぎていると、自己肯定感が落ちモチベーションが低下しやすい傾向です。

同じ学校を目指す子どもと学力を比較し「僕は勉強ができないんだ」「私は〇〇学校には合格できないかも」と、悲観的になってしまうことがあります。

学力差は自信を失う大きな原因です。6年生から中学受験に取り組むなら、効率的に成績アップする勉強法を身につけることが大切です。

とはいえ「なかなか子どもの成績が上がらない」と悩んでいる親御さんがいるかもしれません。そのような方は、ぜひ私の公式LINEを友達追加してみてください。

公式LINEでは中学受験に役立つ有益な特典を12個配布しているので、お子さんの成績を改善する方法がわかります。

中学受験を塾なしで6年生から成功させる5つの方法

中学受験を成功させるためには、以下の方法を実践することが効果的です。

  1. 勉強環境を整える
  2. 入念に志望校を選ぶ
  3. 志望校見学をする
  4. スケジュール管理を徹底する
  5. 学校の先生と積極的にコミュニケーションを取る

今日から取り組めることも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連動画「受験勉強に失敗する親がやっていないことTOP5|vol.009」では、親御さんに取り組んでほしいことを紹介しています。お子さんの中学受験を成功させたい方は必見です。

1.勉強環境を整える

中学受験を成功させるために、子どもの勉強環境を整えましょう。学習に集中しやすい環境にすることで、成績アップが見込めます。

ゆうた

特に小学6年生から取り組むとなると、受験当日までの時間が少ないので効率良く勉強することが大切です。

たとえば、勉強する部屋にはスマホを持ち込まない、テレビを視聴する時間は20時までなどと決めておくことが有効です。また、家にはゲームや漫画など誘惑があるものが多いので、塾に通わないのであれば図書室を利用してみることをおすすめします。

なお、勉強環境を整えるだけでなく、お子さんのモチベーションを上げることも大切です。関連記事「子どもをやる気にさせる方法【コントロール5つの領域を知ろう】」で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

子どもをやる気にさせる方法【コントロール5つの領域を知ろう】500名以上の生徒を見てきて、2020年は全員合格を達成した塾長が語る!「子どもをやる気にさせる方法、やる気スイッチはどう押すの?宿題や勉強のやる気が起きなくて困ってる、成績や学力も低くて悩みやストレス、喧嘩ばかりで親子関係も悪い」そんな疑問に答えます!子どもが主体的に成果に向かい、ケンカもなくなりストレスが無くなる方法を伝授!...

2.入念に志望校を選ぶ

中学受験を成功させるためには、志望校選びが大切です。

お子さんの偏差値レベルからかけ離れた学校を志望校にすると、現実とのギャップを感じて「合格できないかも」とモチベーションが低下しやすくなります。

ゆうた

やる気が低下すると、受験の合格可能性が下がってしまいます

また、小学6年生から塾なしで受験に取り組むのであれば、時間が限られているのでレベルに合った志望校選びが必要です。お子さんと親御さんで一緒に志望校を選定しましょう。

3.志望校見学をする

ゆうた

中学受験を成功させたいなら、必ず志望校見学をしてください

志望校見学をすれば「この学校に絶対に通いたい」と、自ら勉強に取り組む効果が見込めるので、成績が上がる可能性があります。さらに、成績がアップすると、モチベーションも向上するため、相乗効果が期待できるでしょう。

子どもの心から湧き起こる気持ちを引き出させるためには、志望校見学は必須です。

4.スケジュール管理を徹底する

塾なしで中学受験に合格するためには、スケジュール管理の徹底が必要です。スケジュール管理ができていないと、1日を有効に使えない可能性があります。

そのため、以下のポイントを意識しましょう。

スケジュールで意識すべきこと
  • 計画は紙に書く
  • 優先度が低い宿題は含めない
  • 直近の目標と今週やるべきことを書く
  • やるべきことは1日単位で管理する
ゆうた

特に小学6年生から受験に挑むなら、いかに効率よく勉強できるかが大切です。

とはいえ、お子さんだけで管理するのは難しいです。親御さんが一緒になって、スケジュールを管理してあげてください。

5.学校の先生と積極的にコミュニケーションを取る

学校の先生と積極的にコミュニケーションを取ることで、中学受験を成功させる可能性を上げられます。

授業をしっかり理解できているかを確認できるため、適切な成績の伸ばし方をお子さんにあわせてカスタマイズできるからです。

ゆうた

自宅学習では気付けなかったつまずいている点を教えてもらうことで、理解できていないポイントが明確になります!

塾なしで6年生から中学受験に取り組むなら、効率良く勉強することが大切なので、学校の先生とは積極的にコンタクトを取るようにしましょう。

中学受験は塾なしの6年生から目指しても合格できる

結論、中学受験は塾なしの6年生でも成功する可能性はあります。しかし、受験当日までの時間が短いので勉強環境を整えるスケジュール管理を徹底するなどの対策が必須です。

親御さんはお子さんが志望校に合格できるよう、しっかりサポートしてあげる必要があります。

とはいえ、具体的になにを実践すればいいかわからないと悩む親御さんもいるでしょう。そのような方は、ぜひ私の公式LINEに登録してください。

ゆうた

これまで500名以上の子どもたちの中学受験をサポートしてきた私が、個別面談をいたします!

複数の生徒の指導で身につけたノウハウや経験から、オーダーメイド感覚でお子さんにあわせた勉強方法をお伝えします!塾なしで中学受験に挑む6年生の親御さんは、ぜひ友達追加しておいてください。